19(ジューク)の岡平健治さんは、株で大儲けしビルオーナーそして株式会社会長に?

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

30代以降の人ならわかるかと思いますが

19(ジューク)を覚えていますでしょうか。

 

久しぶりにラジオを聞いていたら

懐かしい19の歌が流れてきました。

 

そして、調べてみたところ

19の岡平健治さんは

億万長者になっているというではありませんか!

スポンサーリンク

岡平健治のプロフィール

引用元:http://netgeek.biz/archives/526

 

<strong>プロフィール</strong>

名 前:岡平健治(おかひら けんじ)

生年月日:1979年3月28日

出身地:広島県呉市

高 校:広島県立呉工業高等学校

身 長:161cm

血液型:B型

 

左:岩瀬敬吾さん

右:岡平健治さん

岡平健治さんと岩瀬敬吾さんとの出会いは

高校生3年生の夏でした。

 

卒業後は、『少年フレンド』

というユニット名で活動していました。

 

そして、自分の描いた詩に曲をつけてくれる

ミュージシャンを探していたイラストレーターの

326(みつる)さんと出会います。

 


引用元:https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/10/03/0006391496.shtml

 

そして、3人は意気投合し、

19(ジューク)を結成しました!

 

岡平健治さんは、ボーカル、ギター、ハープ

岩瀬敬吾さんは、ボーカル、ギター。

326(みつる)さんはジャケットデザインや作詞を担当。

 


引用元:amazon

 

19としてメジャーデビューを果たします。

 

デビューシングル:あの青をこえて

 

2ndシングル:あの紙ヒコーキ くもり空わって

 

この2ndシングルが大ヒットし、

紅白歌合戦にも出場しました!

 

3rdシングルの「すべてへ」の発売を機に

326が脱退。

 

そして、人気絶頂だった2002年2月に解散

をしてしまいます。

 

解散理由は

お互いの音楽性を尊重するため

と発表していました。

 

しかし、解散後にテレビ出演をした際に

大人への報復だった

と言っています。

 

あの大ヒット曲を出して、

紅白歌合戦にも出場しているのに

約2年間は月給10万円だったようです。

 

本当の解散理由は

事務所とのトラブル

が隠れていそうですね!

 

また、326さんの脱退も

実は事務所が絡んでいたとか。

 

事務所側から

「今後は、岡平健治と岩瀬敬吾2人組のユニットにする」

と伝え、脱退させたようなんです。

 

 

ん~、これが本当だとしたら、

酷すぎる話ですよね。

 

そして、なぜそんな岡平健治さんが

億万長者になったのでしょうか。

 

岡平健治さんが億万長者になったのはなぜ?


引用元:http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65765441.html

 

岡平健治さんは、2年間の月給制が終わると

歩合制に変わりました。

そして、歩合制になった途端に

5000万円ももらえたそうです。

 

岡平さんは当時マンションの住んでいた大家さんとは

「お母ちゃん」と呼ぶほど親しかったそうです。

 

そして、大家さんに5,000万円をもらえたことを伝えると

「私が預かる!」と言い、

大家さんに全て預かってもらったそうなのです。

 

いくら信頼していても

他人にそんな大金を預けるなんてすごいですね!

 

当初は、あまりお金に興味がなく、

大家さんに渡したそうなんです。

 

しかし、それが大当たりでした!

 

19を解散した時に

『これからは投資の時代だ!』

と大家さんが言い出したそうで

その言葉に従い、

投資を始めたそうです。

 

初めての投資は、豪ドルだったそうです。

ビギナーズラックもあってか多少の利益を出すと、

投資の魅力にハマってしまったそうです!

 

 

そりゃ、そうですよね!

自分が働いていないのに

お金が入るんですもの!

 

色々の投資をして

もちろん損を出したことがあったようですが、

1番儲かったのは

中国株だったそうです。

 

投資信託で1株1万円だったのが

4年後には4万6000円になり、

投資した5000万円が4億円まで

跳ね上がったとか!

 

しかし、それがずっと続くわけでもなく

2008年9月の『リーマンショック』の影響もあり

持ち株が暴落して2億円の損失を出します。

 

4億円の資産が一晩で半減し、

その後は株や為替からは手を引いたそうです。

 

 

それでも2億円が残っていたので

それを元手に

音楽事業やアパート経営、

飲食店経営など

様々な事業に投資をしました。

 

今では、自社ビルまで建てているんですよ!

 

さらには自社ビル内に作ったライブハウスを

併設したバーの経営などで年商は2億に!

 

 

 

ものすごい、経営力ですよね!

 

普通の会社であれば

よく分からない経費やちょっとした経費を

雑費という勘定に入れることが多いのですが

その雑費に頼らず

毎日、1円まで合うように自分でチェックし、

きっちり経営をされているようです!

 

しっかりと経営していれば

銀行もさらに融資をしてくれます。

 

融資を受けることで

レバリッジがかかり

大きな投資が出来ますよね。

 

 

解散後も音楽活動を

続けています。

 

 

現在は、ソロ活動の他

『3BLAB.☆S』としても活動しています!

 


でも、自分1人で大金を持っているかと

思いそうですが、

会社の利益はほとんど従業員に渡したり、

音楽事業に使っているので

ご自身は月給10万円なのだそうです。

 

いつかは音楽学校を立ち上げて、

19でライブを行った

武道館のステージに再び立ちたいという

大きな夢を持っています!

 

まとめ

久しぶりに、19の曲を聞いて

何だか青春時代を思い出してしまいました!

 

本当に素敵な音楽です!

 

そして、今でも頑張っている岡平健治さんの

さらなるご活躍を期待しています!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です