BTS(防弾少年団)!ナチスをイメージしたパフォーマンスや原爆をイメージしたTシャツを着用。

スポンサーリンク



キャッチ画像は、instagramより引用

 

こんにちは! latteです。

韓国のBTS(防弾少年団)が

ナチスを連想させる帽子をかぶったり

旗を掲げるパフォーマンスをしたことで

多くの波紋を呼んでいますね。

 

また、ナチス以外にも

原爆投下のTシャツを着用していたことで

ミュージックステーションの出演も

取りやめになりました。

 

なぜ、1度ではなく2度に渡り

戦争を連想させる過激な演出を

してしまったのでしょうか。

 

過去の被害者や経験者のことを考えると

軽く取った行動とは思えません。

 

音楽で楽しませるエンターテインメントに

戦争というシリアスな部分を

盛り込むことで

引き付けたかったのでしょうか。

 

しかし、いずれにせよ

まずい使い方をしてしまいましたね。

 

日本だけではなく

世界から避難の声が上がってしまいました。

 

今回は

BTS(防弾少年団)のメンバーやプロフィール

戦争を連想させるパフォーマンスをしてしまった動機

について調べてみました。

 

BTS(防弾少年団)のメンバーとプロフィール

BTS(防弾少年団)は、2013年6月13日に

『2 COOL 4 SKOOL』という名前で韓国デビューをしています。

 

 

 

デビュー曲『Episode』2 COOL 4 SKOOL

 

日本では 2014年6月4日

『NO MORE DREAM-Japanese Ver.-』

の曲でデビュー。

 

防弾少年団の意味は、

『10代・20代に向けられる

抑圧や偏見を止め、

自身たちの音楽を守り抜く』

という意味があるそうです。

 

 

チョン・ジョングク

 

生年月日:1997年9月1日

出身地:釜山広域市(韓国)

血液型:A型

身長:177cm

体重:61kg

学歴:白楊中学校 (卒業)、ソウル公演芸術高等学校 (卒業)

担当:メインボーカル、ラップ、ダンス

カラー:赤

 

 

キム・テヒョン(テテ)

 

生年月日:1995年12月30日

出身地:大邸広域市(韓国)

血液型:AB型

身長:178cm

体重:58kg

担当:ボーカル、ビジュアル

カラー青

 

パク・ジミン(チムチム、ジミナ)

 

生年月日:1995年10月13日

出身地:釜山広域市(韓国)

血液型:A型

身長:175cm

体重:61kg

担当:ダンス、ボーカル、魅力

カラーライトブルー

 

キム・ソクジン(ソクジン、ジン二ム)

 

生年月日:1992年12月4日

出身地:京畿道(韓国)

血液型:O型

身長:179cm

体重:60kg

担当:ボーカル

カラー:ピンク

 

ミン・ユンギ、シュガ(ユンギ、天才)

 

生年月日:1993年3月9日

出身地:大邸(韓国)

血液型:O型

身長:176cm

体重:57kg

担当:ラップ

カラーオレンジ

 

ジェイホープ、チョン・ホソク(ホビ、ホソク)

 

生年月日:1994年2月18日

出身地:光州(韓国)

血液型:A型

身長:177cm

体重:59kg

担当:ダンス、ラップ

カラー:緑

 

ラップモンスター、キム・ナムジュン(ラプモン、ナムジュン)

 

生年月日:1994年9月12日

出身地:京畿道(韓国)

血液型:A型

身長:181cm

体重:64kg

担当:ラップ、リーダー

カラー:黄色

 

の7名で構成されています。

スポンサーリンク

 

なぜ、戦争を連想させるパフォーマンスをしてしまったのか

 

サイモン・ウィーゼンタール・センターは、

BTSのメンバーがナチス親衛隊の

ロゴがデザインされた帽子をかぶり

撮影していたと指摘。

 

さらに、コンサートでナチスの軍服を

想起させるような衣装を着用し、

ハーケンクロイツ(ナチス党のシンボル)

に類似したマークが入った赤い旗を掲げたとして、

非難した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

同団体のエイブラハム・クーパー副所長は、

「原爆の犠牲者を嘲るTシャツを着用することは、

過去を嘲るこのバンドによる最新の事例にすぎない」

と強く非難。

 

これまでの衣装やパフォーマンス例を挙げ、

「韓国や世界の若い世代に、

偏見と不寛容さが“クール“であると特定させ、

歴史から教訓を得る機会を失う」

結果につながる、と指摘した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

このような騒動を起こしてしまったのは

なぜでしょうか。

 

今彼らは、インフルエンサーとして

大きな影響力を持っています。

 

 

 

衣装や演出などのアイディアを出したのは

一体誰なのでしょうか。

 

BTS(防弾少年団)の所属事務所は

『BIGHITエンターテインメント』

です。

 

こちらの代表を務めているのが

パン・シヒョク氏(44)で

作曲も手掛けているそうです。

 

若い彼らを

大ヒットさせ、一躍トップアイドルまで

育て上げたのは凄腕だと思います。

 

11月14日に、BTS(防弾少年団)の公式HPでは

謝罪の文章が載せてありました。

 

 

その中には

Big Hitはグラビア撮影時、

過去のナチスの模様が入った帽子の着用に関連し、

上記で明らかにしたように一切の意図はなく、

当日、撮影に関わる全ての服装とアクセサリーは

該当のマスコミから提供を受けたものであるにもかかわらず、

当社が事前に十分な監修ができず、

当社のアーティストが着用するに至ったことにより、

過去、ナチスによって被害に遭われた方を

意図せずとも傷つけ得ることになった点はもちろん、

ナチスのイメージを連想させる

当社アーティストの姿によって

不快な思いを感じ得た点について心よりお詫び申し上げます。

引用元:https://bts-official.jp/

 

 

と、書かれています。

 

ということは、衣装の提供をしたのは

別の会社から提案されたということですよね。

 

ただ、例え別の会社からの提案だったとしても

受け入れてしまった点に問題がありましたね。

 

 

原爆のTシャツについても、

Big Hitは、

原爆のイメージの入った衣装の着用に関連し、

一切の意図はなく、

衣装自体が原爆被害者の方を傷つける目的で

製作されたものではないことが

確認されたにも関わらず、

当社が事前に十分な監修ができず、

当社のアーティストが着用するに至ったことにより、

原爆被害者の方を意図せずとも

傷つけ得ることになった点はもちろん、

原爆のイメージを連想させる

当社アーティストの姿によって

不快な思いを感じ得た点について心よりお詫び申し上げます。

引用元:https://bts-official.jp/

 

という事でした。

 

ナチスの件も、原爆の件も

きちんと監修できていなかった点

があったということですね。

 

もう起きてしまったことは

どうにもならないですが、

多くの人を傷付けてしまった。

 

彼らの今後の活動で

信頼を取り戻して欲しいですね!

 

2018年11月13日に行われた

東京ドームのコンサートでは

メンバーのジミンが

「世界の皆さんに心配をかけて申し訳ない」

ということをファンに伝えたそうです。

 

今後は、歴史を度外視した

過激な衣装やパフォーマンスはせず

BTS(防弾少年団)の実力を

積み上げて行ってほしいですね!

 

まとめ

今回は、

BTS(防弾少年団)について書いてみました。

 

問題となった後は、音楽番組の取りやめが

相次いでしまい、日本での活動が危うしかと

思っていましたが、

ファンは見守っていてくれていますし、

頑張って活動していってほしいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です