AK-69 Toshl BRAVE 歌詞と意味を考察

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

 

アーティストの方がコラボする事は沢山ありますが

私はそういったコラボ曲がすごく好きです。

 

もちろん、一人のアーティストさんの歌声や歌として聞くのも好きなのですが、

普段交わりそうにない方々が一緒に歌われたり、

一緒に作られた音楽はとても新鮮だし

素敵な曲も多いですよね♪

 

最近また一つそんな素敵な曲を見つけました。

 

AK-69 feat.Toshl 「BRAVE」

 

HIP HOP × ROCK という一見違和感を感じる様な組み合わせ

でもそれ以上に新鮮さを感じてワクワクしますよね!

 

今回は AK-69 feat.Toshl 「BRAVE」について

歌詞や込められた意味を紐解いていきたいと思います。

スポンサーリンク

AK-69 feat.Toshl 「BRAVE」について

今回の曲は、

6月20日に発売されるAK-69の

コラボレーションベストアルバム

「無双Collaborations -The undefeated-」

に収録されています。

 

“見えない垣根”を無くしたいとの考えのAK-69さんが

音楽のジャンルを超えてコラボを実現するために

Toshlさんにアプローチをしたそうです。

 

貴重なレコーディングの様子がこちら!

“X JAPANも俺の中ですごい特別な存在だったので、(中略)レーベルから電話がかかってきて

「受けてくれたよ」(という連絡には)(中略)もう「マジか?」ってなりましたもん

 

と語っている様に、AK-69さんにとっても特別なコラボのようですね!

 

AK-69 feat.Toshl BRAVE 歌詞

BRAVE

作詞: AK-69
作曲/Ryosuke“Dr.R”Sakai

 

止まる秒針 視界が歪む
気が遠い 何で慰む
もう分からねぇ 涙がつたう
この頬をやるせなさがつたう

あの過去が眩しいから

ブラインドを閉めてくれよ神様
あんな味のしねぇ弁当初めてさ

どこだよ明日は
愛すモノ失くし 全てはもう白紙 いっそなりてぇ楽に

 

列車を降りて どこ向かうタクシー
悲しさが押し寄せ 虚しさだけ残る

波のように
もうそろそろ出かけていいかな

あの旅行に

 

After we cry tonight
孤独と寄り添い合い
悟る果てに
Looking into a fearless heart

 

逆らう運命(さだめ)
心の旗を振れ
Until my dying breath
Another soul is crying out
We gotta be brave

最期(おわり)に近寄る自分を見てる

走馬灯の様なこの映画を観てる
Sup, Yeezyみてぇに付くプレ値

分かってる 人生は出来ねぇのさResale

 

高く飛べると信じてた方がオーラ纏えたよ まるでMichael Jordan
「世界は俺のもの」なんて冗談

今じゃほら気の抜けちまったコーラ

愛すモノ失くし 全てはもう白紙

いっそなりてぇ楽に
列車を降りて どこ向かうタクシー

 

I wanna be free, I wanna be free
いっそなっちまいてぇ伝説に
乾いた心にロープ掛け 涙で消す火

 

After we cry tonight
心の旗を振れ
Until my dying breath
Another soul is crying out
We gotta be brave

 

色など無いこの毎日

思い出そう奴の命日
見失いかけた心の定位置 殺せねぇ意志

We gotta be brave
俺が死にてぇと思った今日は
奴が死ぬ程生きたかった明日

我に返り蹴飛ばすヴァース
奮い立つ

After we cry tonight
孤独と寄り添い合い
悟る果てに
Looking into a fearless heart

 

逆らう運命(さだめ)
心の旗を振れ
Until my dying breath
Another soul is crying out
We gotta be brave

 

歌詞の意味を考察

BREVEとは直訳すると

(危険や困難に出会っても恐れない)

勇敢な、勇ましいという意味があります。

 

止まる秒針 視界が歪む
気が遠い 何で慰む
もう分からねぇ 涙がつたう
この頬をやるせなさがつたう

歪む ゆがむ・ひずむ等 (いびつになる)

慰む なぐさむ (心が晴れる・なごむ)

 

何をしたら気が晴れるんだろう?

やるせなくて涙が出る・・・

とてもやるせなくて、切ない状況で泣いています。。

 

あの過去が眩しいから ブラインドを閉めてくれよ神様
あんな味のしねぇ弁当初めてさ どこだよ明日は
愛すモノ失くし 全てはもう白紙 いっそなりてぇ楽に

自分の過去の栄光が今はまぶしすぎて辛いから見たくない

泣きながら食べた弁当のようだ

愛するものをなくしてしまってもうどうしていいかわからず

逃げてしまいたい、そんな気持ちが見えます

 

After we cry tonight
孤独と寄り添い合い
悟る果てに
Looking into a fearless heart

fearless 不敵の・恐れを知らない

 

今夜泣いて、孤独と寄り添ったら

その先には恐れを知らない強い心が見えてくるはず

 

逆らう運命(さだめ)
心の旗を振れ
Until my dying breath
Another soul is crying out
We gotta be brave

dying breath 息絶える

be brave 勇気を出す

 

自分の思う心で

息絶えるまで泣き叫べばいい

悲しみを外に出せばいいんだ

運命を変えていくべき

俺たちは勇気を出さなきゃいけないんだ

 

最期(おわり)に近寄る自分を見てる 走馬灯の様なこの映画を観てる
Sup, Yeezyみてぇに付くプレ値 分かってる 人生は出来ねぇのさResale

Sup, Yeezy プレミア価格の付いた靴

走馬灯 死を覚悟した瞬間に去来すると言われる目くるめく過去の記憶

Resale 転売

 

いっそ、自分の人生を終わらせてしまえたらいいのに

過去の出来事が走馬灯のように目まぐるしく思い出される

自分の人生をもっと高値が付くものに転売など出来ないことはわかってる

 

高く飛べると信じてた方がオーラ纏えたよ まるでMichael Jordan
「世界は俺のもの」なんて冗談 今じゃほら気の抜けちまったコーラ

纏えた まとえた(身につけれた)

Michael Jordan マイケルジョーダン(バスケットボールの神様)

 

昔は高く飛べる!と信じていたし、

マイケルジョーダンの様な

オーラを身にまとえていた

まるで「世界は俺のもの」とまで思っていたのに

今では気の抜けたコーラみたいにしぼんでしまった

 

I wanna be free, I wanna be free
いっそなっちまいてぇ伝説に
乾いた心にロープ掛け 涙で消す火

伝説になる=死 をイメージさせます

 

自由になりたい

悲しみや辛さから解放されて自由になってしまいたい

いっそのこと人生を終えてしまいたい・・・

 

色など無いこの毎日 思い出そう奴の命日
見失いかけた心の定位置 殺せねぇ意志

We gotta be brave
俺が死にてぇと思った今日は
奴が死ぬ程生きたかった明日

我に返り蹴飛ばすヴァース
奮い立つ

ヴァース 詩・物語

 

大切な人を失ってしまってから

毎日に色がなくなってしまった

見失いかけてしまったけど、この意志は殺すことはできない

 

俺たちは勇気を出さなきゃいけないんだ

自分が死にたいと思った今日は

あいつが死ぬほど生きたかった一日

 

自分は生きている、生かされているのに・・

 

 

この歌で繰り返し使われるフレーズ

 

After we cry tonight
孤独と寄り添い合い
悟る果てに
Looking into a fearless heart

 

逆らう運命(さだめ)
心の旗を振れ
Until my dying breath
Another soul is crying out
We gotta be brave

 

この二つのフレーズに伝えたい意志があると思いました。

 

私はこの曲から「命」についてのテーマ性を感じました。

 

辛くて、悲しくてどうしようもなくて

そんな時は泣いて叫んでもいい

だけど、泣いて泣いて叫んで

孤独としっかり寄り添った後には

強い心が見えてくるから、と

 

 

背中をそっと押してくれてるような

力強い歌なのにそんな感覚を覚えました。

 

BREVE=(折れない)勇敢な心 がここに込められている気がします。

 

辛いけど、死のうなんて思っちゃダメだ

泣いたっていい 叫んだっていい

でも一人じゃない、勇気を出して

 

そんな熱くて優しい想いを感じました。

 

まとめ

今回はAK-69 feat.Toshl 「BRAVE」について

歌詞やその意図を紐解いてみました!

 

毎度ながら私の勝手な妄想ですみません<(_ _)>

 

きっと、もっともっと沢山の解釈があるでしょうし

実際には、より強い気持ちやメッセージがあると思います。

 

ただ、こうして受け取る側一人一人によって

色んな意味を受け取る事ができるのも歌の良さだと感じます。

 

また素敵な歌に出会えた事に感謝です。

 

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です