清水翔太MYBOOアンサーソングDEAR MY BOOの歌詞と意味は?

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

 

前回、清水翔太さんの「MY BOO」について

歌詞の妄想を楽しみましたが(笑)

 

このMY BOOには女性目線で描かれた

アンサーソングがあるのをご存知ですか?

 

それが、當山みれいさんの

「DEAR MY BOO」

 

清水翔太さんの「MY BOO」は男目線で描かれた

ストレートな愛情表現の歌でしたが

 

その歌へのアンサーソングという事で、気になります!

 

今回はそんなアンサーソング

「DEAR MY BOO」について妄想考察してみようと思います!

スポンサーリンク

「MY BOO」アンサーソング「DEAR MY BOO」

早速気になる曲をご紹介!

出だしのピアノのメロディーから柔らかい女性らしさを感じますね!

 

こちらの「DEAR MY BOO」を歌っているのは

 

當山みれいさん

生年月日:1998年7月27日(19歳)

出身:大阪

職業:シンガーソングライター&ダンサー

ジャンル:JPOP R&B ゴスペル

 

 

「SNS世代のリアルを歌うシンガーソングライター」

として注目を集めています。

 

清水翔太さんとは、通っていた音楽スクールが同じで、

いまの事務所レーベルも一緒という縁との事。

 

憧れの存在でもある清水翔太さんへ

「My Boo」のアンサーソングをやらせてほしいとお願いしたそうです。

 

レコーディングにも立ち会って下さったそうで

清水翔太さんもお墨付きのアンサーソング、という事ですね!

DEAR MY BOOの歌詞

 

DEAR MY BOO

作詞:Mirei Toyama, Shota Shimizu

作曲:Shota Shimizu

 

絶対続かない またすぐにバイバイ
そう思ってたのに 永遠願うように

色違いのTシャツ
お揃い照れて笑う二人で
思い出重ねてる

 

失うのが怖くて
愛することから逃げてきたけど
君がくれたまっすぐな思いが
向き合ってく勇気をくれたんだ

 

My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
私がいるから 隣いるから

ねぇBoo I’m so happy
君のためなら I can be a Jasmine
照れくさくていつも言えないけどさ
愛してる

 

「バスひとつ見送ろうよ」
遠回りして帰っても ポケットの中
手を繋ぎ 歩幅合わせれば寒くない
あなたの左側が私の定位置
これからもずっと

 

隣にいる時は
恥ずかしくてなかなか言えない
好きの気持ち 今受け取ってほしいの
笑わないで ちゃんと聞いててね

My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
私がいるから 隣いるから

ねぇBoo I’m so happy
君のためなら I can be a Jasmine
照れくさくていつも言えないけどさ
愛してる

 

些細なすれ違いが 大喧嘩になって
思ってないのにもう別れるなんて
吐き捨てたりもして
それでも好きだから
不器用なだけだから
どんなに辛くても そばにいたいの

My Boo 何にも言わないで
帰ったらハグしよう
これからずっと 支えていくから

ねぇBoo I’m so happy
私を見つけてくれてありがとう
眠ってる時 拗ねてる時 笑ってる時
全部、愛してるよ

My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
私がいるから 隣いるから

ねぇBoo I’m so happy
君のためなら I can be a Jasmine
照れくさくていつも言えないけどさ
愛してる

DEAR MY BOOの歌詞の意味(考察)は?

歌詞を見ると、清水翔太さんのMY BOOとはまた

一味違った、かわいらしい女性の気持ちが描かれてますよね。

 

MY BOOと比較しながら、

今回も思いっきり妄想してみたいと思います!(笑)

 

絶対続かない またすぐにバイバイ
そう思ってたのに 永遠願うように

色違いのTシャツ お揃い照れて笑う二人で
思い出重ねてる

今回の恋もまた続かないんだろうな・・・

そう思っていたけど、いつしか永遠を願うまでになっていて

あなたとの思い出も増えてきたね

 

失うのが怖くて 愛することから逃げてきたけど
君がくれたまっすぐな思いが
向き合ってく勇気をくれたんだ

どうせいつか失うなら、最初から愛さない方がいい・・・

て思ってきたけど、君があまりにまっすぐに愛情をくれるから

私もちゃんと向き合おう、って思ったよ。

 

My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
私がいるから 隣いるから

これは、MY BOOでも使われていた表現ですよね♡

誰にも触れてほしくない。。

愛情と独占欲と・・・彼女も一緒の気持ちなんですね。

 

ねぇBoo I’m so happy
君のためなら I can be a Jasmine
照れくさくていつも言えないけどさ
愛してる

BOOは「愛しい人」「恋人」という意味でしたね。

「君のためなら私はジャスミンになれるよ」

そう。

彼が「俺がアラジンなら君はジャスミン」て言ったから。

 

「バスひとつ見送ろうよ」
遠回りして帰っても ポケットの中
手を繋ぎ 歩幅合わせれば寒くない
あなたの左側が私の定位置 これからもずっと

離れたくない気持ちがバスをひとつ見送る、という歌詞に込められてますよね。

 

ここでも、My BOOのおさらい。

2人はポケットの中で手を繋いで歩くのがお決まりでしたね!

寒い時も、手を繋いで一緒に歩いたら寒くないよね。

うん、わかる!(笑)

 

些細なすれ違いが 大喧嘩になって
思ってないのにもう別れるなんて
吐き捨てたりもして それでも好きだから
不器用なだけだから
どんなに辛くても そばにいたいの

そう、言っちゃうんですよね。。

思ってないのに、止めてほしくて「別れる!」て

でも結局は大好きだから側にいたいんです。

 

My Boo 何にも言わないで
帰ったらハグしよう
これからずっと 支えていくから

2人は黙って抱き合う事で安心するんでしょうね。

支えていく!て思ってるけど、実は支えられている。

そんな関係ですね

 

ねぇBoo I’m so happy
私を見つけてくれてありがとう
眠ってる時 拗ねてる時 笑ってる時
全部、愛してるよ

MY BOOの「出逢ってくれてありがとう」対して

「見つけてくれてありがとう」

の返事。素敵ですね♡

 

彼女も彼の事を、どんな時でも愛してる。

相思相愛!!

 

いや~、MY BOOの時もキュンキュしましたが

DEAR MY BOOもキュンキュンものでした(笑)

 

こういう風にお互いが想い合っている恋愛って素敵ですよね。

アンサーソングっていいですね♡

 

まとめ

今回はMY BOOのアンサーソング

當山みれいさんの「DEAR MY BOO」

について妄想してみました!

 

清水翔太さんの男目線の歌詞と

今回の女目線の歌詞。

 

微妙に違うニュアンスの男女の考え方ですが

お互いを想い合う気持ちはすごく表現されていて素敵でした。

「原曲をラブレターに見立てて、お返事を書くような感覚」

で描いたという歌詞というのも納得です。

 

良かったらMY BOOの方もご覧ください♡

清水翔太My Booの意味は?歌詞に込められた想いとは

 

ちなみに、當山みれいさんによると

「翔太さんと接していると、「My Boo」で描かれている

“そっけないけど優しい”男性像とも重なる」

との事です。

 

お二人の歌詞でのやり取りも楽しめる2曲ですね♪

 

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました!

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です