AAAの新曲DEJAVU(デジャブ)の意味は?歌詞も紹介!

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

 

AAAのニューアルバム「COLOR A LIFE」8月29日にリリースされます。

 

「DEJAVU」がリード曲として2曲目に収録されています。

この曲は、7月24日より先行配信され、MVは公開後3日で100万回再生を超えています!

 

DEJAVUは「デジャブ」「デジャヴ」と表記され

「初めての事なのに過去にどこかで体験したことがあるような感覚を覚えること」

という意味を表していて、日常生活で経験する事もありますよね。。

(え?ない?)

 

何となく懐かしい感じを覚えるというか・・・。

私は結構経験します(笑)

 

というわけで、今回はAAA「DEJYAVU」の意味について考察してみたいと思います。

ポイントとなるダンスについても紹介していきます!

 

スポンサーリンク

AAA「DEJAVU」歌詞

 

作詞/ : 溝口貴紀/日高光

作曲/ : Dominique Rodriguez/Richard Garcia/Anne Judith Stokke Wik

/Ronny Vidar Svendsen/Nermin Harambasic/Justin Philip Stein

 

逢えない時間(とき)さえ眠らぬ鼓動
絶え間ない予感が知覚-Feeling-揺るがす

No limits 何時(いつ)だって逢いたくて堪らず
Dance with me 幾度だって染め変えて躊躇わず
Make you wild

呆れるほどにBaby…
停め得ないBeats…

焦らされてた衝動が今
“I want you” “I need you” “I’m still…”
「ずっと待ち侘びてたんだろう?」
この瞬間だけ

Sing in Night… Woo Woo
望んだ以上のdeja vu
Shake it Now… Woo Woo
眩暈がするようなdeja vu

夢じゃないさ こうして夢超えて逢えた
誰より近くにいるから
Every time I stand by you… deja vu

すれ違い流れる彗星(ほし) 異なる軌道
「どうしてだろう?」どうにかして手を触れたい

No reasons 何時(いつ)だって消えなくて胸深く
Call me back 離れ知ったヒカリで今すぐ
Make you high

声を響かせBaby…
禁じ得ないBeats…

塞き止めてた感情はほら
“You want me” “You need me” “You’re still…”
「また 始まっていくんだろう?」
この瞬間から

Sing in Night… Woo Woo
繋がる未来はdeja vu
Shake it Now… Woo Woo
視たことないようなdeja vu

You’re my only one for real 夢のようなストーリー
君のお気に召す通りに
Every time I’m close to you… deja vu

ふとした瞬間気付く遠い伏線-Foreshadow-
これから起こるすべては軌跡が紡いだ “Sixth Sense”

何万回と見たような夢の元にお連れしましょうか
この声が突破口さ
目を逸らさずにおいでお嬢さん

ぼっとしてちゃ Time is over
ほらどうした?さぁ行こうか
あれもこれも俺のその全てをかけた君だけの為のShow time

更にもっと眩しくその瞳(め)に焼き付けな
曝せもっと激しく音色(おと)の海へと溺れ Wow wow

Sing in Night… Woo Woo
望んだ以上のdeja vu
Shake it Now… Woo Woo
眩暈がするようなdeja vu

夢じゃないさ こうして夢超えて逢えた
誰より近くにいるから
Every time I stand by you… deja vu

Every time I stand by you… deja vu
Every time I’m close to you… deja vu

 

歌詞の意味は?(考察)

 

今回の曲「DEJAVU」は、愛しい「彼女」に出逢えた喜びを「彼」目線で描いている曲の様に感じますね!

それでは早速、歌詞の意味を考察してみたいと思います。

逢えない時間(とき)さえ眠らぬ鼓動
絶え間ない予感が知覚-Feeling-揺るがす

No limits 何時(いつ)だって逢いたくて堪らず
Dance with me 幾度だって染め変えて躊躇わず
Make you wild

No limits =無制限

Dance with me =一緒に踊る

Make you wild=野生にする ※全て直訳です。

 

遭えない時でさえ、僕のドキドキは止まらないんだ。

君に出逢えそうな予感を全身で感じているよ。

いつだって、何度だって君に逢いたくてたまらない

一緒に踊ろう、君を大胆にしてみせるから

 

呆れるほどにBaby…停め得ないBeats…

焦らされてた衝動が今
“I want you” “I need you” “I’m still…”
「ずっと待ち侘びてたんだろう?」
この瞬間だけ

“I want you” “I need you” “I’m still…”=僕は君が欲しい・必要だ・僕はまだ・・・

 

自分でもあきれる位、このビート(ドキドキ)はとまらないんだ

ずっとこの瞬間を待ちわびていたんだ

君が欲しい。君が必要なんだ。僕はまだ・・・

 

Sing in Night… Woo Woo 望んだ以上のdeja vu
Shake it Now… Woo Woo 眩暈がするようなdeja vu

夢じゃないさ こうして夢超えて逢えた
誰より近くにいるから
Every time I stand by you… deja vu

Sing in Nigh 夜に歌う

Every time I stand by you あなたの側に立つ度に

 

望んでいた以上のデジャブが起きたんだ

それは、めまいがする程のデジャブだったんだ

夢じゃなく現実に君に出逢う事ができた

誰よりもいつも近くにいるよ

君の側に立つ度に、夢で見たようなデジャブが起こるんだ

 

「彼」はまだ彼女に出逢えた事を夢の様に感じているのかもしれませんね

ずっと夢で見ていた「彼女」が現実にいるという事に

懐かしい様な感覚をおぼえている感じが伝わってきます。

 

すれ違い流れる彗星(ほし) 異なる軌道
「どうしてだろう?」どうにかして手を触れたい

No reasons 何時(いつ)だって消えなくて胸深く
Call me back 離れ知ったヒカリで今すぐ
Make you high

No reasons 理由がない

Call me back  電話をかけて

Make you high メロメロにする

 

でもなぜかすれ違っている気がするんだ

どうにかして君の手に触れたいよ

理由なんてないんだ。いつでも君が心に居るんだ

お願い、今すぐ連絡が欲しい!

君をメロメロにしたいよ

 

声を響かせBaby…禁じ得ないBeats…

塞き止めてた感情はほら
“You want me” “You need me” “You’re still…”
「また 始まっていくんだろう?」この瞬間から

You want me” “You need me” “You’re still 君は僕が欲しい・必要だ・君はまだ・・

 

声を聴かせて、このドキドキは抑える事は出来ないんだ

僕が抑えていた感情は、君に逢った瞬間にあふれ出すんだ

この瞬間からまた君との時間が始まっていくんだ

君も同じ気持ちになってほしい

 

Sing in Night… Woo Woo 繋がる未来はdeja vu

Shake it Now… Woo Woo 視たことないようなdeja vu

You’re my only one for real 夢のようなストーリー
君のお気に召す通りに
Every time I’m close to you… deja vu

You’re my only one for real  君は僕の唯一の本物

Every time I’m close to you あなたの近くにいる度に

 

一緒に歌って踊ろうよ!

君と僕が繋がる未来は、きっと今までに見た事もない様なデジャブだろうね

それは夢のような世界

君はたった一人の僕の愛する人なんだ

君の望む様に、君のそばにいつもいるから

 

ふとした瞬間気付く遠い伏線-Foreshadow-
これから起こるすべては軌跡が紡いだ “Sixth Sense”

何万回と見たような夢の元にお連れしましょうか
この声が突破口さ
目を逸らさずにおいでお嬢さん

Foreshadow 前兆

Sixth Sense 第六感

 

ふとした時に予感を感じるんだ

これから起こる事は全部、今までの二人が繋いできた奇跡なんだ

今まで何万回も見た夢の元まで連れていこうか?

僕の声が合図で、そこへ行けるんだ

目をそらさないでしっかりとその目で見て僕についてきてね

 

ぼっとしてちゃ Time is over
ほらどうした?さぁ行こうか
あれもこれも俺のその全てをかけた君だけの為のShow time

更にもっと眩しくその瞳(め)に焼き付けな
曝せ(さらせ)もっと激しく音色(おと)の海へと溺れ Wow wow

Time is over 時間切れ

 

ぼーっとしてたら時間切れになっちゃうよ

どうしたの?さあ行こう!

あれもこれも全部、君の為に僕が用意したショータイムさ

まだまだこんなもんじゃない、これからもっとまぶしくなるよ!

もっとさらけ出してごらん。

激しく音の海におぼれよう

 

Sing in Night… Woo Woo 望んだ以上のdeja vu
Shake it Now… Woo Woo 眩暈(めまい)がするようなdeja vu

夢じゃないさ こうして夢超えて逢えた
誰より近くにいるから
Every time I stand by you… deja vu

Every time I stand by you いつでもそばにいる

 

歌おう、踊ろう

今見ている世界は、望んでいた以上のデジャブだ

それはめまいがする様なまぶしい風景

夢じゃない こうやって夢を超えて実際に君に逢えたんだ

誰よりも君の近くにいるから

いつだって君のそばにいいるから

 

 

なんだか・・・彼が彼女の事を大好きなのが嫌でも伝わってくる歌詞ですね(笑)

 

ずっとずっと夢の中で何度も逢っていた「君」が現実に現われる。

それはもう奇跡に近い感覚なんだと思います。

 

君といると、いつもデジャブを感じる。。

それだけ運命的なものを彼女に感じている、というイメージが伝わってきます。

 

歌詞には彼女と出逢えて嬉しい、という意味がすごく込められていますよね。

こんなにも想われるって幸せですね♡

 

「DEJAVU」ダンスのポイント

今回のMVは、DEJAVUが起きたときの感覚、

夢か現実か?というような曖昧な世界がコンセプトに描かれています!

 

また、パフォーマンスをしながらフォーメーションを変えていく様子にも注目です。

 

前回の「LIFE」では、曲名にちなんだ「Lダンス」が話題になりましたよね。

 

今回のダンスのポイントは、サビの部分での「Vダンス」!!

曲名のDEJAVU」のVを表しているという事です。

 

ミュージックステーションでも、ダンスのポイントとして紹介されていますね!

chia🍅さん(@ch1aaa24)がシェアした投稿

振り付けを真似する人も沢山出てきそうですね。

 

「Vダンス」ぜひとも、覚えて踊ってみたいです♪

まとめ

 

今回は、AAAの新曲「DEJAVU」について

歌詞に込められた意味を考察してみましたが、いかがでしたか?

 

同じ曲でも聞く人によって受け取り方も様々ですよね!

 

デジャブって本当に不思議な現象で、一瞬「あれ?この人会った事あったかな?」とか

「これって過去にも経験したかな?」という場面がフラッシュバックしてきますよね。

 

今回の曲は、そういったデジャブという現象を恋愛に重ねている部分に、

主人公のとても想いの強さを感じました。

 

こんな風に強く想われてみたいものです(笑)

 

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました!

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です