関西の暑さ(猛暑)2018はいつまで続く?熱帯夜の過ごし方も調査

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

連日の暑さにやられています。。。

本当に、毎日30度超えは当たり前になってきましたよね。

 

今年は梅雨明けが尋常じゃない位早くて

長い夏になる、と言われていますがそれにしても暑い!!

毎年こんなに暑かったかなあ~、と思いつつ心配になります。

 

7月の三連休(海の日)は京都市内でも39度近い気温になり

各地で最高気温を更新していますよね。

 

この暑さ(猛暑)は一体いつ頃まで続くのでしょうか。。

 

そして暑いといえば、熱帯夜になって寝苦しいのも辛いですよね・・・

熱帯夜の過ごし方も調査してみようと思います!

 

スポンサーリンク

関西の今後の天気の傾向

本当にこの夏の暑さは尋常じゃない位ですよね。。

まだ7月ですが、すでに猛暑となっています。

 

海の日の三連休の後も、この暑さは続きそうで

特に関西から東海を中心に、少なくとも今週末までは猛烈な暑さが続きそうです。

この様に、今後1カ月の予報ですが

気温は平年より高くなる確率が70%となっています!

 

過去5年間の関西の平均気温

  • 7月 28.02度
  • 8月 29.02度
  • 9月 24.5度

となっていますので、この気温を更に超えてくるという事ですね!

 

降水量も平年並か少ない見込み、との事で

太陽がジリジリと照り付ける様子が想像できますね。。

 

この先も、日本に暑さをもたらす高気圧は勢力を維持したまま同じような場所でとどまりそう

との事ですので、しばらくは暑さが続くのは覚悟した方が良さそうです。

暑さはいつまで続くの?ピークは?

じゃあ一体この暑さはいつ頃まで続くのでしょう??

 

通常であれば、9月半ばのお彼岸を過ぎた頃からは涼しくなるはずですよね。

今年2018年のお彼岸入りは9月20日頃との事ですので

その頃には涼しくなるの??

 

残念ながら、今年はそうはいかないようです。。

平年であれば、9月に入るとだいぶ気温が落ち着いてきて

朝夕は涼しく感じられるのですが、今年は9月に入っても暑いかも!

 

気象庁から発表された7月~9月の3か月予報によると

7月 期間の前半は平年に比べ曇りや雨の日が少なく、後半は平年に比べ晴れの日が多いでしょう。

気温は、高い確率50%です。降水量は、平年並または少ない確率ともに40%です。

8月 平年と同様に晴れの日が多いでしょう。気温は、平年並または高い確率ともに40%です。

9月 天気は数日の周期で変わるでしょう。気温は、平年並または高い確率ともに40%です。

参照元:https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/106_10.html

となっていて、やはり50%の確率で気温が「平年より高い」となっていますね。

 

暑さのピークについては、いつもならお盆前~お盆にかけてが一番暑く

それを越すと少しずつ涼しくなっていたイメージですが

近年はどんどん平均気温を超す日が増えています。

 

こちらは2017年8月の大阪の天気です。

見ての通り、8月末まで最高気温30度超えの「真夏日が多いですよね!

 

同じように2016年8月の大阪の天気を見てみると、

こちらも真夏日多しですね。。

 

過去の気温からもわかる様に、暑さのピークは8月中旬頃になっていますよね!

という事で

関西の暑さは・・・
8月20日~25日頃がピークで9月末まで続きそう

という事になるのではないでしょうか。

 

熱帯夜の過ごし方

夏になって朝昼夜問わず暑くなると

寝る頃も暑くて困りますよね。。

 

そもそも、熱帯夜とは「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が25度以上のこと」

を指すそうです。

今年はほぼ、熱帯夜じゃないのか?!と思ってしまいますよね。。

 

そんな熱帯夜を乗り切る為にはどうしたらよいのか、調べてみました!

 

やはり熱帯夜を乗り切るには「室温」が大事!との事。

それには上手にエアコンを使いたいですよね。

 

冷房の目安となる温度は、外気よりも5~6℃低い温度に設定すると

快適に過ごせるといわれています。

外の気温が30度を超えたあたりからエアコンを使うといいかもですね!

ただ、夜寝る時に冷房を付けると寒すぎたり、切れたら暑くなったり。

そんな時にお勧めな方法が

  • エアコンの冷気の吹き出し口は水平にしておく
  • ドライを使う
  • 扇風機を併用する

 

冷えた空気は下に溜まるので、水平にすることで涼しい空気が段々下へ降りてきて

室内がムラなく一定の温度になりやすいとの事。

冷気が水平に吹き出すと身体に直接冷気が当たらないので、負担も少なくなります。

 

また私たちの体感温度は、湿度が15%下がると1℃下がるので冷房で空気を冷やさずに

ドライで除湿をするだけでも変わります。

後はエアコンと一緒に扇風機を使って空気を循環させる事で

より室温を一定に保つ事もできるのでおすすめです。

 

他にも

  • 肌触りがよく吸水性の高いパジャマを着る
  • 抱き枕などを使い背中に熱がこもらない様にする
  • 冷却枕を使う
  • 冷えピタシートをおでこに貼る

という様な方法も紹介されていました!

 

人によってはエアコンが苦手で・・・という方もいらっしゃると思います。

ただ、室内で熱中症になってしまう方の7割がエアコンを使っていなかった

とのデータを見たことがあります。

 

エアコンとも上手に付き合って、室温があまり上がり過ぎないように気を付けてお過ごし下さい。

まとめ

今回は、関西の暑さはいつまで続くのか?ピークはいつ頃なのか?

を調べてきました。

調べれば調べる程、今年は猛暑になるというデータが出てきます。。

 

すでに40度近くまで気温が上がった地域もありますし

この夏は最大限の注意が必要ですね!

 

また熱帯夜が少しでも快適に過ごせるように、

グッズやエアコンを上手に利用して体感温度や室温調整をしてくださいね。

 

残暑を含めて、まだまだこれから暑い日は続きます。

皆さんがこの夏を元気に楽しく過ごせます様に。。

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました!

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です