新幹線のお盆2018|混雑・Uターンラッシュを避ける!自由席に乗るには?

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

 

夏本番!!

お盆休みを使って故郷へ帰省、という方も多いのではないでしょうか?

 

元々、お盆はご先祖様や亡くなった人の霊をまつる期間として

日本の多くの会社がお休みとなります。

 

ただ、お盆の新幹線の混雑ぶりは毎年凄いですよね。。。

乗車率は200%いく時もありますし、自由席には長蛇の列

 

一年で一番混み合う時期とも言われています。

お盆休みは、あまりお休みの日程が分散されないので集中してしまうせいでもあります。

 

少しでも混雑を避けて帰りたいですよね!

2018年お盆の新幹線の混雑ピークや、Uターンラッシュなどについて

調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2018年のお盆休みとラッシュは?

 

2018年は11日(土)が祝日の為、

8月11日~16日(木)までの6連休

という方が多いのではないでしょうか?

 

6連休になると、立派な大型連休ですよね!

 

これを元に新幹線の混雑する日を考えると

 

2018年お盆のラッシュ
8月10日・11日が帰省ラッシュ

8月15日・16日がUターンラッシュ

という事が考えられますね!

 

その中でも

8月10日(金)は夕方~・11日(土)は朝~夕方まで、

8月15日(水)はお昼過ぎ~・16日(木)は朝~

が一番混み合う予想がされます。

 

混雑・Uターンラッシュを避ける

2018年のお盆休みと、帰省ラッシュとUターンラッシュがわかりましたので

混雑を避けるには、日程をズラすことが一番です!

 

帰省ラッシュ時には、新幹線の下り(東京→新大阪方面)

Uターンラッシュ時には、新幹線の上り(新大阪→東京方面)

 

が混み合う事はわかりますので、それを踏まえてみていきましょう!

 

まずは、新幹線の空席状況にて空席をチェック!



新幹線の空席情報は下記のサイトから簡単に調べられます。(指定席)

JRサイバーステーション

※照会出来る時間は6:30~22:30までです

 

これによると、帰省ラッシュと考えられる下り線

8月10日(金)は、18時以降の便に若干の満席があるがまだまだ空きもある

8月11日(土)は、14時半以降の便が割と空きがある

※東京→新大阪間

※7月18日22時現在ですので随時変化します。詳しくはご確認ください。

 

Uターンラッシュと考えられる上り線

8月15日(水)は、ほぼ全時間帯で空きがある

8月16日(木)は、ほぼ全時間帯で空きがある

※新大阪→東京間

※7月18日22時現在ですので随時変化します。詳しくはご確認ください。

 

現時点(7月18日現在)では、8月11日(上り)に集中しているようですね。

12日はまだ比較的余裕がありますので、早めの指定席予約をお勧めします!

 

新幹線の予約は一か月前から取れるので、お盆期間の予約についてはすでに取れます!

 

ただ、皆さん結構ギリギリに予約を取られる方が多いので

今の内はまだまだ余裕で予約を取って頂けます!!

予定が決まったら即予約!!でお願いします。

 

日程が近づいて来る程、満席になってきます。

比較的余裕がある7月中には指定席の予約を取ってしまいましょう!

 

万が一予定が変更になっても、数百円程でキャンセルできますので

とりあえず指定席を取っておいても良いのではないかと思います。

 

※8月10日更新

いよいよ明日からお盆休みですね!!

現時点での新幹線の予約状況を確認してみました。

 

帰省ラッシュと考えられる下り線

8月10日(金)は、18時以降はほぼ満席。数便残りわずかだが予約可。

8月11日(土)は、17時までは満席。17時以降は予約可能な便も多い

※東京→新大阪間

 

Uターンラッシュと考えられる上り線

8月15日(水)は、朝~15時頃まではほぼ空きあり。15時以降は若干埋まり気味

8月16日(木)は、ほぼ全時間帯で空きがある

※新大阪→東京間

※博多~新大阪となると16日お昼まではほぼ満席でした。

※8月10日14時現在

 

意外にも帰りのUターンラッシュ時はまだ予約がとれそうですね!

ただ、九州~関西への上りはほぼ埋まっていましたので、乗られる区間にもよりそうです。。

 

 

混雑を避けるには・・・
早めに指定席予約を取る

ラッシュ日程を避ける(8月11日・15日)

時間帯をズラす(11日は夕方寄りにする)

 

指定席の予約について

さて、指定席を取ろう!

と思っても指定席の予約方法にもいくつかあります。

  • みどりの窓口
  • 券売機
  • ネット予約

 

などでの取り方がありますが、もしも当日であればみどりの窓口は混雑しますので

券売機かネット予約をお勧めします。

 

自動券売機は、一度使ってしまったら簡単ですし

お金の投入は一番最後なので、間違ったら取り消しして打ち直せますので

窓口しか行った事ない・・・という方も、ぜひ一度使ってみてください。

 

ネット予約も慣れたらスムーズに出来ますよ!

家に居ながら切符の予約が出来て、駅では受け取るだけで済むのはかなり効率UPになります。

ぜひこの機会にされてみるのも良いかと思います。

JRおでかけネット

 

いずれにしても、並び席を取ろうと思うとそれなりの競争率ですので

ここでもやはり早めの勝負が必要となってきます!

予約開始日の朝には取る様にするといいと思います。

 

ちなみにですが、私はいつもEX予約というネットサービスで予約をするのですが

このサービスを一度使ってしまったら、その便利さに普通に取るのは嫌になるかもです(笑)

 

専用のクレジットカードを年会費1000円で作らないとですが

座席も自分で選べて、出発直前まで変更可能!繁忙期もお得な料金で乗れる!

年に1度でも新幹線に乗る方ならおススメします。

 

EX予約については、詳しくはこちらをご覧ください。

エクスプレス(EX)予約

 

自由席に乗るには?

お盆シーズン、正直言うと自由席を狙って行くのは全くおススメできません(汗)

暑い中、荷物を持って並び、ギュウギュウの通路に立って何時間も過ごすのと

指定席を取っておいて、発車5分前に並び座って過ごす数時間は全く違います。。

 

料金的には指定席と比べて自由席の方が数百円~安く済みますが

労力と疲れを考えると、数百円出す価値はあると思います。

 

それでも、色々な事情があって自由席に乗りたい!という方の為に

少しでも快適に過ごせる様に自由席に乗る際のコツをまとめると・・・

 

自由席に乗るコツ

1:ラッシュ時を避ける(日程調整)

2:始発駅を狙う

3:並んでる列が凄かったら次の便を待つ

4:階段から遠い乗車口を狙う

5:自由席の多い新幹線(こだま・ひかり)に乗る

6:偶数車両を狙う(1・3号車はトイレがあるので多くなる傾向)

※自由席車両について

という様な方法が考えられます。

ひかり・こだま号については乗車率がのぞみ号よりは低いのでおススメです。

 

ただ、やはりお盆シーズンの自由席の混雑ぶりは凄まじいです。

乗車率150%~200%を覚悟しておいた方が良いと思います。

どうしても自由席・・・という方は、座れない覚悟をしつつ、お試し頂ければと思います。

新幹線の料金・切符について

全国のJRでは繁忙期・閑散期を毎年カレンダーから決めていて、

今年2018年は8月11日から8月30日の期間が繁忙期にあたり、割増料金200円が必要となります。

 

また、繁忙期には使えない切符も出てきますので注意が必要です。

  • 新幹線回数券
  • 金券ショップの切符

 

などは注意が必要です!

回数券に関しては、

新幹線の普通車指定席に乗車できる6枚セットの回数券です。

ただし、4月275月6日、8月11~20、12月28~翌年1月6日はご利用になれません

 

との案内もちゃんと出ています。

 

金券ショップで売られている新幹線の切符は、この回数券をバラにして販売しているものも多いので

購入の際に必ず乗車日を伝えて、使用できるかどうかを確認しましょう!

 

まとめ

今回はお盆シーズンの新幹線乗車について

混雑・Uターンラッシュを避ける方法と、自由席に乗る際のコツなどをご紹介してきました。

毎年お盆の混み具合は想像を超えるものです。。

 

暑い中、重たい荷物を持ってホームに並ぶのも結構な労力ですし

この時期は気温も高く、より身体への注意も必要です。

 

余裕を持って計画を立てれる様にしたいですね!

少しでも快適にお盆休みの時間を過ごして頂けます様に。。

 

今年はお盆期間中のETC制度が変わっています。

 

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です