残暑はいつまで続く2018|涼しくなる時期や秋服はいつから着る?

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

 

8月になってお盆も過ぎるというのにこの暑さ。。

朝夕は少しはマシになった気もしますが、

それにしても暑いですよね。。

 

暑さもお彼岸まで、とは言いますが

今年のお彼岸である9月20日頃までには涼しくなるのかな?

 

気象庁の発表によると、6月~8月は各地で猛暑とありましたよね。

 

今年2018年は特に異常気象と言われていて、35℃超えはもう当たり前

40℃を超えるところも出てきました。

 

夏本番でここまで暑くなるんだったら、残暑もこのまま暑いのか不安になってきます。。

 

そこで、今回は

  • 残暑2018はいつまで続くのか?
  • 涼しくなる時期は?
  • 秋服はいつから着る?

 

という事についてみていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

残暑2018はいつまで続く?

この暑さ・・・一体いつまで続くの?!

と毎日嫌になったりもしますよね。。

 

そもそも「残暑」っていうけど、残暑っていつからいつまでの事を言うんでしょうか?

 

元々「残暑」というのは、立秋の日を過ぎても続く暑さの事を指すそうです。

そして、秋分を過ぎると「残暑」という言葉は使わないみたいですね!

 

じゃあ「立秋」ていつだ?ってなりますよね。

 

立秋は毎年日にちが変わってきますが、大体が8月8日頃になっています。

(2018年は8月7日となっています)

 

そして、秋分は9月23日頃という事ですので・・・

 

残暑=8月8日頃~9月23日頃まで続く暑さ という事になりますね。

 

はっきりとした定義はないようですが、大体9月中旬頃まで「残暑」という言い方をしそうですね!

 

これを踏まえて、じゃあ今年の残暑は一体いつまで続くんだ?という話に戻りますが

まずは、8月と9月の気温についてみていきたいとおもいます!

 

 

2018年8月の平均気温(予報)

※東京

引用元:https://www.accuweather.com/ja/jp/tokyo/226396/august-weather/226396

 

こちらは2018年8月の気温の変動をグラフにしたものですが、

予想最高気温は後半でも30℃超えていますよね~。

 

2018年9月の平均気温(予報)

※東京

引用元:https://www.accuweather.com/ja/jp/tokyo/226396/august-weather/226396

こちらは9月の予報ですが、9月の2週目を過ぎた頃から(9月11日頃)

やっと気温が30度を下回る日が増えてきます。

 

また、8月9月10月の3か月間の予測によると平均気温よりも気温が高くなる確率

全国で40%以上との事です。

 

引用元:https://tenki.jp/long/three_month/

 

ここ5年程の平均気温

  • 8月で約27.26℃
  • 9月で約23.64℃

 

となっていますので、高い確率でこれよりも気温が上昇すると考えてよさそうですね!

 

今年は9月に入っても30度超えをする日がある事から

9月の残暑「猛烈残暑」と呼ぶというニュースもありました!

 

以上の事から

残暑はいつまで続くのか?
大体9月中旬頃まで続く予想

 

という事が言えると思います。

涼しくなる時期は?

涼しくなる時期はいつからなの?と気になりますが

これも大体残暑の終わりと同じ時期になりますよね。

 

そもそも、人が「涼しくなったなあ~」と感じるのは何度位なんだろう?と調べたところ

  • 暑い 28℃~37℃
  • ちょうどいい 23℃~27℃
  • 肌寒い 15℃~22℃
  • 寒い 8℃~14℃
  • 冷える 0℃~7℃

 

という面白いデータがありました。

という事は、やっぱり23℃~27℃位になってくると「涼しくなったなあ」と感じるのではないでしょうか?

 

加えて、真夏日(30℃)を下回る頃と、夏日(25℃)を下回る日も参考になりそうです。

真夏日を下回る頃から、最低気温も20℃前後になって日中の暑い時間も短くなるので

涼しくなってくる目安になります。

 

※平年のまとめ

引用元:https://www.teguchi.info/weather

 

そういった事をふまえると、

やはり9月の第2週頃からの30度を下回頃から「ちょっと、涼しくなってきたなあ」と感じる事ができそうですよね!

 

完全に「涼しくなったなあ~」と感じられるのは地域によってバラつきがありそうですが

夏日である25度を下回る様になる

9月下旬~10月上旬頃、となりそうですね。

 

加えて、長期天気予報を見てみると9月は晴れの日が少なくなるとの見通しでした。

引用元:https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf3/001.pdf

 

雨が降ると、体感温度的にも涼しく感じますよね。

 

9月の前半は、まだ30℃超えする日もあるようですので、

涼しくなるのは、9月中旬位からだと考えられます。

 

秋服はいつから着る?

夏も終わりになって涼しくなると、洋服も衣替えしたくなりますよね!

 

暦上では、8月8日の立秋頃では秋ですが、その頃にはまだ真夏!という感じの気温だし。

 

今年みたいに猛暑だと残暑も厳しく長引きそうですので

一体いつから秋服を着ればいいの?!と疑問に思ったりもします。。

 

買い物に出かけると、お店の店員さんはまだ暑い時期からすでに秋服だけど

歩いている人達はまだ全然夏服・半袖。。。

 

秋服を着る時期の基準ってあるの?と思ってしまいます。

 

一般的に秋服に切り替える基準気温ですよね。

 

先ほどの「涼しく感じる気温」を思い出してみると、

暑い 28℃~37℃
ちょうどいい 23℃~27℃
肌寒い 15℃~22℃
寒い 8℃~14℃
冷える 0℃~7℃

でしたよね!

 

夏服では肌寒く感じる気温は、大体25℃~22℃位になった頃だと考えられます。

例年ですと、その位の気温になるのは9月下旬~10月初め頃です。

 

2018年の9月下旬~10月初め頃の天気予報を見てみると(※東京)

引用元:https://www.accuweather.com/ja/jp/tokyo/226396/september-weather/226396

やはり25℃以下になってくるのは9月下旬頃~のようですね。

 

地域によって多少の差はあるかもしれませんが、

秋服を着る時期は大体9月下旬~10月初め頃となりそうです。

 

ただ、いきなり秋素材の秋服を着てしまうと「暑い」となる恐れもあるので

まずは薄手の長袖を着たり、半袖の上に長袖のカーデガンを羽織る様にして

22℃以下になってきたらジャケットやパーカーなどで調節出来る格好をするといいかもですね!

 

また「おしゃれは足元から」と言いますので、足元からサンダル→秋物靴と変えていっても

一足先のおしゃれが楽しめそうですね♪

 

9月は台風の発生も多いので、気温や天気も変わりやすくなります。

天気予報で気温をチェックして洋服を選ぶようにすると安心ですね!

 

 

残暑見舞いはいつまで使える?

残暑がいつ頃まで続くか・・・というのはわかったけど

そういえば、暑中見舞いのハガキで

「残暑お見舞い申し上げます」というのはいつまで使えるんだろう?

 

という疑問について調べてみました!

 

基本的には、暑中見舞い「夏の暑さが厳しい時期の安否伺い」の意味があります。

ですので、梅雨が明けて夏らしくなった頃から出すのがよいとされています。

 

ただ、梅雨明けの時期は地域によって違いますよね!

大体は西から順に明けていくので、自分の住んでいる地域で梅雨が明けても送る先の相手は

まだ梅雨の真っ最中!という事もありますので注意が必要です。

 

立秋を過ぎたら残暑見舞いに切り替えた方がよいとされていますので

立秋の8月7日頃を過ぎた辺りからは、「残暑見舞い申し上げます」の方が良いという事ですね!

 

残暑見舞いはなかなか終わらない夏の暑さ(残暑)を見舞うもので

相手の安否を伺ったり、逆に自分の近況を報告するという意味合いもあるそうですので積極的に活用したいですよね。

 

残暑見舞いを出す時期としては、立秋~白露(はくろ)の前日位までという大体の基準があるとの事ですので

(※白露=大気が冷えてきて、露ができ始めるころで9月8日頃)

8月7日頃~9月7日頃まで、という事になりますね。

 

ただ、一般的には残暑見舞いのハガキは8月末までに、という感覚がありますので

出来れば8月末までには出しておきたいですね!

※引用元:https://shochu.templatebank.com/jiki/

 

暑中見舞い・残暑見舞いの時期
暑中見舞い=(相手の)梅雨明け~立秋(8月7日頃)まで

残暑見舞い=立秋(8月7日頃)~8月末位まで

※立秋はその年によって変わります

 

まとめ

今回は、残暑2018はいつまで続く?涼しくなる時期や秋服はいつから着る?という事で

お届けしてきました!

 

お盆を過ぎてもまだまだ暑さは続きそうですので熱中症などにはくれぐれもお気を付けください。

 

9月に入ってから少しずつ秋物を取り入れていくと、おしゃれの先取りが楽しめそうですね♪

 

足元のオシャレについてはこちらもご参考ください。

 

暑い暑い残暑は続きそうですが、朝夕の涼しさを感じる様になったら一気に秋が深まりますので

秋物を見つつ、涼しくなるのを待ちましょう!

 

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です