馬関まつり2018は台風19号の影響で中止?今後の進路や雨量は

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

 

ここのところ、びっくりする位台風が発生していますよね。。

今年2018年は台風が多くなる、とはニュースで聞いていましたが

これ程とは!!

 

8月16日には台風19号が発生しています。

台風19号は勢力を強めながら北上中との事で、このままの進路でいくと西日本に直撃します。。

 

山口県では、この週末に夏のお祭りである馬関まつりが行われる予定です。

こちらのお祭りへの台風の影響も心配です。

 

馬関まつりの開催についてと今後の台風19号の進路予想について調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

台風19号の影響で馬関祭りは中止?

馬関まつりは、毎年8月に下関で行われるお祭りで、今年で第41回目となります。

今年は8月25日(土)・26日(日)の二日間で行われる予定です。

 

JR下関駅~唐戸周辺までの各所に設けられた特設会場で、

よさこい演舞をはじめとして色々なイベントが行われます。

 

私も子供の頃から慣れ親しんだお祭りで、毎年この時期になると浴衣を着てお祭りに行くのが楽しみでした♪

 

沢山の屋台もズラッと並び、見るだけでも楽しいし、食べたいものが沢山あるので食べ歩きするのもいいですよ!

 

約43万人が参加すると言われている一大イベントですので、

今回の台風の影響が心配です。。

 

引用元:ウェザーニュース

台風19号の名前はソーリック(Soulik)で、伝統的な部族長の称号からきているそうです。

 

台風19号は現在、時速30kmで発達しながら北へ進んでいます。

中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は25m/sという事で、少しずつ大きくなっているようですね。

 

上記の進路予想でいうと、8月22日(水)に西日本に接近の予報となっています。

 

このままの進路と速度でいけば、25日(土)には通り過ぎている予報ですので

馬関まつりは開催されそうな気もしますが、何分今回の台風は予報圏が広いんです!

引用元:ウェザーニュース

このように、予想進路の幅が横に広いんですよね。。。

こうなってくると、予想は予想でしかなくなるというか、どこに進んでいくかが読めなくなります。

 

左に一旦それて、また右寄りにカーブをする、というのも台風のお決まりパターンでもありますので

直前までは油断できませんよね。。

 

馬関まつりは、少々の雨天の場合は決行する傾向にありますが、あまりにも悪天候の場合は中止となります。

 

沢山の方がいらっしゃり、またメインイベントでは4000人での平家踊りもありますので

落雷や強風などの危険が伴う場合は中止もやむおえないです。

 

例年、午前8時に情報を集約して発信、との事ですので朝の天気次第で行われるか決める

という事も考えられますので不安な天候の場合は下記まで問い合わせして確認を!

 

当日の問い合わせ先

下関観光コンベンション協会:083-233-0101

 

台風19号の今後の動きと雨量について

引用元:https://tenki.jp/forecaster/rieko_satou/2018/08/17/1773.html

 

台風19号ソーリックの今後の動きと雨量について予報を見ていきましょう!

進路予測としては、先に示した図の通り、勢力を強めながら北上しています。

 

気象庁が発表している、今後のソーリックの勢力は以下の通りです。

<19日09時の予報>
強さ強い
存在地域日本の南
予報円の中心北緯 24度55分(24.9度)
東経 138度50分(138.8度)
進行方向、速さ西北西 ゆっくり
中心気圧955hPa
中心付近の最大風速40m/s(80kt)
最大瞬間風速60m/s(115kt)
予報円の半径180km(95NM)
暴風警戒域全域 310km(170NM)
<20日09時の予報>
強さ非常に強い
存在地域日本の南
予報円の中心北緯 26度25分(26.4度)
東経 135度30分(135.5度)
進行方向、速さ西北西 15km/h(8kt)
中心気圧950hPa
中心付近の最大風速45m/s(85kt)
最大瞬間風速60m/s(120kt)
予報円の半径240km(130NM)
暴風警戒域全域 370km(200NM)

引用元:https://www.jma.go.jp/jp/typh/

ご覧の様に、少しずつ勢力を強めながら進んでいるのがわかりますよね。

 

勢力の強い台風の場合、台風の中心から離れていても強い雨風の影響がある場合があるので

注意が必要です!

 

今回の台風19号がもたらす雨量はどれ位かというと、まだ正式には発表されていません。

 

過去の似たような大きさの台風を参考に考えてみると、

台風12号(965hPa)  多い所で300〜500ミリ

台風13号(990hPa)  多いところで500ミリ以上

 

となっていて、今回の台風19号もかなりの雨量が予想されますよね。

 

それに加え、この頃は秋雨前線の影響で局地的な大雨が降っているので

地盤が緩んでいるところも多いと思います。

大雨には最大の注意が必要です!

 

今日から10日間の山口県の天気予報を見てみると

22日~週末にかけては雨予報が多いですね。。

 

晴れマークがのぞく時間もあるみたいですので、急に降ってくるという事も考えられます。

 

今後進路が変わっていく可能性も高いですが、早めに大雨に対する準備をしておきましょう!

 

まとめ

今回は、「台風19号の影響で馬関祭りは中止?今後の進路や雨量についても」

という事で、新たに発生した台風19号ソーリックが馬関まつりに与える影響を調査してきました!

 

今のままの進路で進めば、来週末には台風は過ぎてくれている予報ですが

何があるかわからないのが台風ですよね。。

 

常に気象情報を確認しながら、お出かけの際には十分に注意してくださいね。

また詳しい進路等わかり次第追記させていただきます。

 

今年はゲリラ豪雨が急増する理由は?

 

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました!

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です