2025年万博は大阪万博に決定!開催場所や経済効果について!

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

2025年に”大阪万博”開催が決定しました~!

 

大坂の方は、とても大喜びしていましたよね。

大坂開催が決まった瞬間に、

大坂の都知事などが抱き合って喜んでいました。

 

こんなに人を喜ばせてくれるなんて

素敵ですよね!

 

大阪万博2025について

私自身は、55年前はまだ産まれる前ですので

実際には体験していませんが

実際に体験した方からは

その頃の話を聞くことがありました。

 

その方達が言うのは、

世界中から人が押しよせてくるので

人・人・人だらけで

言葉では言い表せない程の

溢れかえりらしいです。

 

現在の千里ニュータウンや太陽の塔などの

マンション街や吹田市あたりの

インフラはその頃に作られたものです。

 

 

2025年の大阪万博の概要

テーマ:いのち輝く未来社会のデザイン

開催期間:2025年5月3日~11月3日(185日間)

開催地:大阪市此花区・夢洲(人口島)

想定入場者数:2800万人

経済効果:2兆円

 

 

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)

も近い場所ですので、

万博開催により

さらにUSJが大人気になりそうですね!

 

 

東京では、2020年の東京オリンピック。

大坂では、2025年の大阪万博。

 

それぞれインフラ整備が進んでいきますね。

 

 

大阪のライバルは、

ロシアのエカテリンブルグ

アゼルバイジャンのバクー

でしたね。

 

 

大阪はロシアとの決戦投票。

その結果、大阪に決定!!!

 

 

2025年大阪万博のテーマとは?

2025年開催が決定した大阪万博のテーマは

『いのち輝く未来社会のデザイン』

 

 

過去の日本で開催された万博のテーマは

1970年 大阪万博『人類の進歩と調和』

1975年 沖縄万博『海~その望ましい未来』

1985年 つくば万博『人間、居住、環境と科学技術』

2005年 愛知万博『自然の叡智』

でした。

 

 

2025年の大阪万博では、

AIや仮想現実(VR)といった

21世紀の先端技術を活用した医療や健康、

スポーツや娯楽やビジネス形態など

未来をいち早く見ることが出来そうです!

 

 

過去、日本で開催された万博では

『自然』をテーマにしたものが

多かったです。

 

2025年の大阪万博では、

好奇心を刺激し魅了する『常識を超えた万博』を目指す!

となっています!

 

とても楽しみですね!

 

カジノ・統合型リゾート(IR)について

大阪万博開催前の前年、2024年に

大坂府などは万博の隣接地に

カジノ・統合型リゾート(IR)の

開業を目指しているそうです!

 

日本では競馬や競輪などの

公営ギャンブルはありますが、

まだカジノはありません。

 

2016年12月に

”統合型リゾート(IR)整備推進法案”

通称「カジノ法案」が成立しましたよね。

 

長い間、カジノを違法としてきた日本に

カジノが誘致されるということで

とても注目されていた法案です。

 

ギャンブル依存症や治安に対する

懸念から反対の声も未だに多いのが現状です・・・。

 

しかし、日本の東京や横浜、

そして大阪でカジノやIRの目的は

観光客を取り込むためのもので、

ギャンブル振興策ではないとの見方がされています。

 

 

IR(統合型リゾート)とはどんな施設なのかと言いますと

MICE(マイス)と呼ばれる国際会議場・展示施設、

ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、

ショッピングモール、レストラン、

スポーツ施設、スパなどの温浴施設、

カジノを一区画に含んだ複合観光集客施設です。

 

 

このような施設が建てられることで

建築投資が促されるほか、

観光客の消費が活発になり雇用や税収、

地域の復興策として多くのメリットが

あると言われています。

 

日本経済への影響はどんなことがあるのか

2025年の大阪万博は

5月3日から11月の3日までの

約6ヵ月にわたる185日の開催になります。

 

 

埋め立て途上にある155ヘクタールの会場では、

拡張現実(AR)や複合現実(MR)といった

最新技術を駆使した運営や、

バイオマスエネルギーなど

最新の環境技術の導入が検討されている。

150カ国や国際機関などが出展する

166のパビリオン、

約2800万人の入場者を見込み、

約1.9兆円の経済波及効果を試算している。

 

会場建設費の約1250億円は、

国、大阪府・市、経済界が3等分で負担する。

人件費など事業運営費の約820億円の

9割を入場料で賄う。

これとは別に大阪メトロ中央線を延伸して交通インフラを整備する。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000000-mai-soci

 

と報道されていました。

 

経費として考えられるのは

埋め立て途中の155ヘクタール

最新技術を駆使した運営

人件費

建築費

交通インフラ

カジノ・IR統合施設

などですよね。

 

これだけでも、3,000億以上は

かかるような・・・。

 

それに対して、

見込める入場者数2800万人

経済効果は1.9兆円

とされていますが、

実際はそれだけの効果があるのでしょうか・・・。

 

愛知万博の入場者数は、2204万9544人でした。

 

 

また、1番の問題は、万博以降の維持費

などですよね。

 

東京オリンピックや万博開催時は、

一時的にかなりの経済効果があるでしょう。

 

しかし、それも一時的ではあり、

持続性がない・・・。

 

ここが、課題となりますよね。

 

観光客が多くのお金を落としていったとしても

その後の国民が苦しむというのだけは

避けて欲しいですよね。

 

 

でも、大阪万博が決定して、

多くの方が喜んでいたのは確かです!

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、”大坂万博2025”

について書いてみました。

 

多くの方が決定した時に喜びましたが、

冷静な方は、やはり2025年以降のことを

心配していました。

 

約7年後の大阪万博。

 

7年という月日は

あっという間ですよね。

 

素晴らしい大阪万博2025が

開催されることを

期待しています!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です