スパイスの王様『シナモン』は薄毛予防効果がある?他の効果についてもご紹介!

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

今、スーパーでシナモンが売り切れ

続出しているって知っていました?

 

なぜ、続出していうのかと言いますと

シナモンに薄毛効果があると

言われているそうなのです!

 

その真相を調べてみました!

スポンサーリンク

シナモンについて

シナモンは、熱帯各地で幅広く栽培されており、

クスノキ科の常緑樹の樹皮を乾燥させ作られる香辛料です。

 

日本で言われている『ニッキ』も同じ仲間ですが、

使っているのは根っこの部分で

生育する土壌と環境の違いによる差があるため

味も香りも成分も異なっています。

 

また、東洋では昔から漢方や生薬として用いられ

その場合には

桂皮(ケイヒ)と呼ばれています。

 

甘い香りが特徴的で、甘いものから

甘くないものまで幅広く使える

便利な香辛料のため、

スパイスの王様

とも言われています。

 

シナモンの6つの効果・効能

ここからは、シナモンの効果と効能

について見ていきましょう。

 

血管を健康な状態に維持

桂皮アルデヒド(シンナムアルデヒド)と言う成分が、

血管内のたんぱく受容体を活性させる作用を持っています。

 

その作用が血管を保護してくれ、

健康な状態に維持しやすくする効果があると言われています。

 

血管の健康状態が良くなると、

血流が良くなり冷え性

基礎体温向上により免疫力アップ

ダイエット効果

が期待されています。

 

塩分濃度調整

塩分にはカリウムが良いということは

聞いたことがある方が多いと思います。

 

シナモンには100gあたり約550mgの

豊富なカリウムが含まれています。

 

カリウムは、体内の過剰なナトリウムを

体外に排出する働きしてくれるため、

むくみや高血圧

予防・改善が期待できます。

 

血糖値を安定させる

シナモンに含まれているプロアントシアニジンという成分が、

インスリンの分泌を促す作用

インスリンの感受性を高める作用

をしてくれます。

 

そのため、血糖値を下げてくれる効果が

期待されています。

 

血糖値を下げてくれるということは、

糖尿病の予防や改善にも

期待できるということです。

 

さらには、糖尿病から派生する

動脈硬化や腎不全、網膜症、神経障害

などの予防にも繋がります。

 

高い抗酸化作用

シナモンには、オイゲノールといった

抗酸化作用の強いポリフェノールを含んでいます。

 

この作用は、体の酸化を防いでくれますので

肌や髪など、健康に若々しく保つ効果が

あります。

 

殺菌・抗菌作用

桂皮アルデヒド(シンナムアルデヒド)には

血管を健康な状態に維持してくれる以外にも

高い殺菌抗菌作用を持っています。

 

また、食物繊維も多く含んでいるので

腸内環境の改善にも期待が出来ます。

 

そのため、免疫力アップが期待できるということです。

 

そして、最後の6つ目はいよいよ皆さんが

期待している薄毛予防について!

 

薄毛予防

シナモンがなぜ、薄毛予防の効果があるのかと言いますと

tie2』という成分が含まれているからです。

tie2は髪の毛に栄養を運ぶ毛細血管を

修復・強化をしてくれる作用があり、

抜け毛予防に繋がると言われています。

 

10月24日に放送されたバラエティ番組

「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」

で調査をしたことが放送されていました。

 

まずは、シナモンといえばスパイス。

スパイスといえばインド。

ということで、

インド人の頭を調査したところ、

約9割の人がフサフサだったという結果でした。

 

逆に1割の薄毛のインド人は

「嫌いな食べ物はシナモン」

と答えたそうです!

 

 

すごう効果が期待できそうですよね!

 

しかし!

シナモンは過剰摂取すると副作用がありますので

その点だけ注意しましょう。

 

シナモンの副作用と最適な摂取量について

シナモンの1日あたりの最適な摂取量は

0.6g(小さじ4分の1)から3g(小さじ1.5杯)

と言われています。

 

その理由は、

日本で主にシナモンとして利用されている

カシアには多くのクマリン

という物質が含まれています。

 

このクマリンを大量に摂取すると

肝臓に負担がかかってしまう場合があります。

 

 

もしも、クマリンが気になる場合には

セイロンシナモンを選ぶことをおススメします。

 

セイロンシナモンには、ほとんどクマリンの成分が

含まれていません。

 

 

また、妊婦さんはシナモンを避けましょう!

 

シナモン含まれている

桂皮アルデヒド(シンナムアルデヒド)が

早産あるいは子宮収縮を促す作用があるため、

胎児に良くない影響を与えると言われています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

薄毛というと男性が悩むイメージですが、

ここ最近は多くの女性も薄毛に悩んでいますよね。

 

シナモンには薄毛予防の効果があるとのことで

全く摂取していなかった方は

摂取してみると良いでしょう。

 

ただ、最後にも書いたとおり

過剰摂取には十分注意しましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です