WordPressバージョン5.0をダウングレードせずにエディターを旧エディターに戻す方法!

スポンサーリンク



こんにちは。 latteです。

 

2018年12月7日に

WordPress 5.0が公開されましたね。

 

今回の大きな変更点は

新エディター『Gutenberg』です。

 

いつも、すぐに更新をポチっと

押してしまう私としては

更新してしまったことを後悔・・・。

 

 

だって、とっても使いにくい(*_*)

 

 

慣れれば良いものの、

けっこう慣れるまで時間がかかりそう。

 

この記事では、

更新してしまったエディターを

バージョンのダウングレードせずに

旧エディターに戻す

方法を書いています。

 

WordPress 5.0

今回のバージョンアップは

ver4.x.x→ver5.0 

にメジャーアップデートされました。

 

メジャーアップデートとは

大幅な変更が含まれています。

 

 

今回の大きな変更の1つは

記事を作成する

エディター”が挙げられます。

 

ブログ運営をしている方は、

このエディターを1番使うと思います。

 

ここが変更されると毎日の

記事投稿がかなり遅くなる。。。

 

多くの人が困惑したのでは

ないでしょうか。

 

私もそのうちの1人でした。

 

いつも、更新のお知らせがあると

すぐにアップデートしてました。

 

今回も同じように

何も考えず”今すぐ更新”

をポチ。

 

 

更新が終わり

さぁ!

記事を書こうとすると

 

 

んっ???????

 

え~っと、どうやって書くの??

 

難しすぎる!!!

 

WordPressのHPを調べてみると

私たちは新しいエディターを Gutenberg と呼んでいます。メディア重視のページや投稿向けに、すべてのコンテンツ編集エクスペリエンスを再構築しました。初めてサイトを構築している方も、仕事としてコードを書いている方も、ブロックがもたらす柔軟性を体験してみてください。

引用元:WordPress

 

更新されたエディターの名前は

”Gutenberg”

だそうです。

 

更新したのは良いが、

どこに何があるのか全然分からない。

 

ブロック毎に記事を書いていくので

プレビューをすると

以前と変わらずに表示されますが

 

書くのが非常に時間がかかりすぎる・・・

 

ただ、文章書くだけなら良いですが

あの操作はどこだ?

と探していると

1記事書くのに1日かかります。。。

 

 

そんなやってられません!

 

そいうことで、

色々と調べてみたのですが、

ダウングレードする方法ばかり・・・

 

しかも!

ダウングレードするのも

けっこう素人のlatteには

難関です。

 

でも、ダウングレードせずに

以前のエディターに戻す方法がありました!

 

早速、見ていきましょう!

 

旧エディターに戻す方法

ダウングレードするのも

FTPソフトを使ったり

何だか面倒だなぁ~。。。

 

慣れるしかないか・・・

と諦めていたのですが、

旧エディターに戻す方法ばありました!

 

それは、

 

”Classic Editor”というプラグイン!!!

 

このClassic Editor

インストールするだけで

旧エディターになります!

 

 

プラグインから新規追加をクリック

 

 

検索で”Classic Editor”と検索すると

出てきます!

 

 

 

今すぐインストール

をクリックしてインストール。

 

インストールが完了したら必ず

”有効化”をしてください。

 

 

 

有効化になったところで

さっそく

投稿から新規追加をクリックしてみると!

 

 

旧エディターに復活!!!

キャ~!!!

嬉しすぎ♪

 

これで、またスラスラと

記事を書くことが出来ますね!

 

もちろん、”Classic Editor”を

無効にすると新エディターに戻せますので、

新エディターでも記事の書き方を

練習しておくと良いと思います!(^^)!

 

まとめ

新エディターに慣れることも

必要かもしれませんが、

やっぱり旧エディターは

作業時間が断トツ早い!

 

ダウングレードしなきゃダメかもと

思っている方!

 

是非”Classic Editor”を

お試しください!

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です