ルンバ890使用の評価!ダイソンがあっても必要か?感想や生活の変化をご報告

スポンサーリンク



 

こんにちは!latteです。

突然ですが、私は掃除が嫌いです(笑)女子失格・・・

 

でも綺麗な部屋が好きです。

・・・はい、矛盾しているワガママです(汗)

 

いや、なぜ掃除が嫌いかと言うと理由は色々あるのですが。。。

「めんどくさいから」

この一言に限ります(笑)やっぱり女子失格・・・

 

でも、やっぱり綺麗な部屋で過ごすと気持ちいいわけで。

 

私は床族なので、床に寝転んでゴロゴロするのが好きなのですが、

そんな時にソファーの下なんて見てしまった時にはもう・・・ため息です。

 

これでも週1回はダイソンで掃除するんですよ。

でも、やっぱり週1回では塵も積もればなんとかで(使い方違う)

 

我が家は共働きの為、どうしても週末しか気合い入れて掃除!

てならないんです(泣)

 

そんな我が家にやってきた救世主!!

それがルンバ890です♪

 

ルンバとの共同生活1か月を経て、

レビューや生活の変化をレポートしてみたいと思います!

スポンサーリンク

我が家の説明と購入理由

まずは我が家の説明から

 

我が家は賃貸アパートの2LDK住まいです。

 

総面積は54.75m²

 

玄関・短い廊下・洗面所・トイレ

リビングダイニング(12畳)と隣に洋室(6畳)・寝室(6畳)

の様な感じです。

 

そんなに広くはないお家なので、周りの人からは

 

「ダイソンあるのに、ロボット掃除機必要?!」

「2LDKなら自分で掃除機かけた方が早いんじゃない?」

 

など色んなお声をいただきました(笑)

 

確かに、うちにはダイソンさんいるし

チャチャっとかければ全部で20分ちょっとで掃除機終わるので、

その方が早いと言われればそうなんだけど・・・。

 

仕事から帰って掃除機かけるよりもまずご飯だし。。

週末はかけるけど、平日はあまり掃除機かけれずだし。。

抜け毛激しくて、髪の毛落ちまくりだし。。

 

など購入理由としては色々ありました。

 

中でも一番の理由としては

「帰った時に家が汚いのはストレス(+o+)」

という事でした。

 

朝掃除すればいいやん・・・という声も聞こえてきそうですが( ゚Д゚)

朝早い為、無理!(笑)

 

主婦の皆様ならわかっていただけるかもですが

汚れたものが帰ってもそのまま、という状況。

 

当たり前なんですけど、落ちてる髪の毛もほこりも

自分が掃除機かけない限りはそのままなんですよね”(-“”-)”

 

そんな私のストレスを察したのか、

旦那様が「買ったら?」と神の一声を(笑)

 

というわけで、めでたくルンバさんとの共同生活が開始しました。

 

ルンバ890の特徴

 

 

まずは、少しだけルンバ890の説明を。

 

皆さんご存知のロボット掃除機のルンバにはかなり沢山の種類が出ています。

 

その中でもこのルンバ890の特徴は

 

1 スマートフォンから遠隔操作が出来る

 

ルンバ890の目玉機能とも言えますが、

スマートフォンをリモコン代わりに使うことのできる

iRobot HOME アプリが付いています。

 

つまりはルンバを外から遠隔操作できるわけです!

 

2 髪の毛がからみにくい!

 

『AeroForceクリーニングシステム』という仕組みで、

ゴム素材の特殊ローラーで真空圧によりゴミを吸い取ることにより、

毛が絡みにくく床やカーペットの髪の毛をしっかり取り除きます。

 

※これ!これがもう便利過ぎて絶対このゴムローラーじゃないと。

特に私の様に抜け毛の激しい方は絶対!

 

ブラシに毛がからまないというストレスフリー最高です。

 

これがそのゴムローラー

参照元 ルンバ公式HP

 

※ルンバ890のボディサイズは、

直径353×高さ92mmですので

家具の間などサイズには注意が必要です。

 

 

実際にルンバ890が動いている様子がコチラ↓


本当に賢い子です♪

各部屋での使用レビュー

さて、ルンバとの共同生活も無事に1か月が過ぎたのですが

1か月使用した正直な感想とレビューをお伝えしようと思います。

 

◆寝室(6畳)のみ稼働時◆

 

最初の頃は一部屋ずつ使用してみる事にしました。

6畳の寝室の壁際にルンバのホームを設置して、いざスタート!

 

ちなみに、寝室にある障害物は

ゴミ箱・鏡台のイス・空気清浄機 です。

 

ゴミ箱はクローゼットの中に。

イスは脚が高いのでそのまま。

空気清浄機もそのままでスタートしました。

 

ルンバ890は高さが10cm以上あるものの下なら入り込んで掃除してくれます♪

 

我が家のベッドは無印の脚付マットレスなので高さは10cm以上あります。

 

障害物も少ないせいか、ルンバはスイスイと掃除してくれました!

 

890は980と違い、カメラは非搭載なので

同じところを何度もぐるぐるします。

 

ただ、数十のセンサー搭載で部屋全体を把握してくれますので

無駄な動きに見えますが、ちゃんと部屋の隅々まで綺麗にしてくれます^^

 

ベッドの脚の周りや、角っこもエッジクリーニングブラシで履きだしてくれます。

 

参照元 ルンバ公式HP

 

寝室には延長コードもあるので、コードを絡まないか心配でしたが

こちらも「電源コードや毛足の長いラグなどにからまると、異常を感知してブラシを逆回転

という機能のお陰で大丈夫でした。

 

ただ、太いコードなら大丈夫なのですが、

スマホの充電コードの様な細いコードは巻き込まれてしまいます

のでご注意ください。

 

6畳の寝室全体の掃除にかかった時間は約30分でした。

 

ちなみに、ルンバ890の稼働時間は

フル充電で約1時間です。

 

充電が少なくなったら自動的にホームに帰って充電します^^

 

◆リビング(11畳)のみの稼働時◆

 

今回はリビングのみで稼働、という事でホームを一旦リビングへ移動。

 

このリビングが実は一番の心配どころ。

なぜなら、障害物が多いからです(笑)

 

うちのリビングダイニングは、カウンターキッチンになっていて

リビングの端にキッチンスペースがある感じです。

※画像はイメージです。

(しかもめっちゃ良さげな(笑))

 

キッチンのスペースには入ってほしくない(水回りなので)ので

付属品であるデュアルバーチャルウォールをキッチンスペースへ置くことにしました。

このデュアルバーチャルウォールはいわば、見えない壁を作る道具です。

 

最大3メートルの進入禁止エリアを設定できるバーチャルウォールモード

参照元 https://store.irobot-jp.com

 

半径60センチメートルの円形に進入禁止エリアを設定できる

ヘイローモードがあります。

参照元 https://store.irobot-jp.com

 

今回はバーチャルウォールモードを使って、

キッチン部分への侵入を防ぎました。

 

我が家のリビングの障害物としては

テーブル・ソファー・ホットカーペットがあります。

 

テーブル・ソファー共に脚の高さは

10cm以上あるのでセーフ。

 

あとは、ホットカーペットですが

ルンバ890は、大きめの凹凸がついたタイヤによって

床に敷いたラグや敷居など2cm程度の段差なら軽々と乗り超えてくれます。

 

心配なのはホットカーペットのスイッチパネルの部分

 

この上にカーペットが乗ると

さすがに2cm超えてきます。

その点が心配だったのですが、そこは賢いルンバ。

 

高さが無理だと判断すると、ちゃんと別の場所から再チャレンジしてくれます!

 

※その様子を映している動画を見つけましたので参考に。

 

ソファーの下もテーブルの下も、ちょっとしたカーペットの凸凹も

問題なくお掃除してホームへ帰っていきました♪

 

11畳のリビングでお掃除時間は

約50分位でした。

 

◆リビング(11畳)と寝室(6畳)の2部屋一緒に稼働時◆

 

寝室もリビングもなんなくクリアしたルンバ。

 

でも本来の目的は

リビング+寝室の2部屋同時掃除を

留守中に完了してくれている事

 

というわけで、ホームを寝室にセットして

寝室とリビングを繋ぐ扉を開け、

キッチンにデュアルバーチャルウォールをセット

床の上にあるクッションなどはソファーへ上げ

部屋をルンバ仕様にしてスタートボタンぽち。

 

そのまま外出してみました。

 

すると、30分後位にスマホに

「ルンバは正常に清掃を完了しました」

というお知らせが。。。

 

あれ?2部屋分にしては時間が短いな、と思って帰ってみると・・・

明らかに寝室のみ掃除されていました(笑)

 

リベンジ/2回目

前回の反省をふまえ、今回はホームは寝室にセットしたまま

ルンバ本体のみをリビングへ移動させてスタート!

 

すると今度は、帰ってみるとリビング内でルンバさん止まっていました(笑)

今度は寝室に掃除された形跡がなし。。。

 

ルンバ890の最大稼働面積は約25畳との事なので、2部屋可能なはずなんだけどなあ。。

 

というわけで、アイロボットお客様センターへメールで問い合わせる。

返ってきた答えがこちら。

「ホームベース付近にデュアルバーチャルウォールを
設置しておられたり鏡などの赤外線を反射するものがあったり直射日光が当たったりしますと、戻れないことがございます」

「複数のお部屋を毎回同時に掃除できるとは限りません。

万遍なく掃除していただくためには、 一部屋ごと区切って稼働されることをお勧めいたします」

そ、そうなの?汗

複数の部屋を同時にかけるって結構難題なのね。。

 

とりあえずは対策として

・キッチンへのデュアルバーチャルウォールをのける

・ホームの周りは広くあける

という事をしてみることにしました。

 

よく考えたら、キッチンスペースにはごみ箱しかないから別にルンバが入ってもいいか、と。

ちなみにキッチンマットは念のためゴミ箱の上に避難。

 

リベンジ/3回目

今度こそ、と気合を入れて

ホームは寝室のまま、ルンバをリビングの窓際に置いてスタート!

 

今度はちゃんと60分後に(最大稼働時間)

「お掃除が完了しました」とメールが!!

 

帰ってみると、ルンバはちゃんとホームに帰ってる!

リビング・・・も綺麗!

寝室・・・も綺麗になってる!

 

よっしゃー!!!

三度目の正直で寝室とリビングを同時に完了する、という課題に成功しました。

 

うまくいく秘訣としては・・・

デュアルバーチャルウォールの置き場に気を付ける

ルンバのスタート場所を変えてみる

ホーム周辺は広くあけておく

という事でしょうか?

 

なにはともあれ、これで無事に一部屋でも二部屋続きでも掃除する事ができました♪

1か月後の生活の変化

ルンバとの共同生活以前と以後の変化ですが

これは想像以上でした。

 

一言で言うと

ストレスフリー

 

画像で表すと

 

こんな感じ(笑)

 

いや、大げさでしょ。

と思われる方もいるかもですが、少なくても私にとっては

それくらい大きな変化です。

 

帰ったら床が綺麗になっている

 ←これ一番

ソファーの下がツルッツル! 

←本当綺麗!

ベッドの下もツルッツル!! 

←ほこり一つなし

 

仕事から帰ってきてルンバに「ただいまー」と言う日々(笑)

 

それくらい愛着湧いてますし本当感謝。

 

自分の留守中に部屋が綺麗になっている、という幸せは

実家を離れて何十年ぶりの感激ですよ。

 

一人暮らしや旦那さんより早く帰宅される奥様はわかると思いますが

自分が出たままの状態が変化する事はないんですよね。

 

当たり前なんですが。

 

置いたコップや洋服が片付いている、

そんなミラクルではないですが

あったはずの髪の毛やほこりがなくなっている

この変化が与えてくれるものは想像以上でした。

 

床に寝ころんでソファーの下が見えてもピッカピカ。

 

「あー掃除出来てない」という罪悪感やらイライラは消えました(笑)

 

それだけでも気持ちに余裕が出来ます。

 

本当私には良い変化でした♡

まとめ

長々とお届けしてきましたが

本当にルンバ飼って買ってよかったな~と思う日々です。

 

高い買い物かもですが、毎日の生活を確実に楽にしてくれる強い味方。

お手伝いさんを雇うよりは格安!(笑)

 

こういう時ってどうなの?

など疑問がありましたらコメントよりいつでも聞いてください♪

 

これからロボット掃除機を買おうかどうか悩まれている方の

参考になればうれしいです^^

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました!

 

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です