2019年 第95回箱根駅伝出場校はどこ?応援スポットやおススメの宿は?

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

10月13日、第95回箱根駅伝予選会が行われましたね!

シード権を獲得出来なかった大学が競い、上位11校が

来年1月2日・3日に行われる

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)への出場権を獲得しました。

予選会はどうだった?

予選会当日は、気温が17度。

観戦者にとっては肌寒いコンディションでしたが、風もなく、

選手にとっては良いコンディションだったと思います。

ハイペースな展開が予想され、実際に好記録が続出する展開となりました。

1位通過は駒澤大学。出場12名全員が高いレベルで走り、

後続に7分の大差をつけ、前評判通りの強さを発揮しました。

塩尻和也選手(4年)が個人2位と活躍した順天堂大学が2位通過、

昨年の全日本大学駅伝を制している神奈川大学は3位通過を果たしました。

箱根駅伝優勝経験のある山梨学院大学は10位通過と苦戦。

11年連続出場を狙った上武大学もギリギリの11位通過でした。

その一方で、出場権獲得は惜しくもなりませんでしたが、

初出場を狙った麗澤大学が12位(タイムは10時間48分41秒、11位と1分50秒差、前回15位)になるなど、

今後の勢力図が変わる予感を感じさせる一幕もありました。

.

この悔しさを忘れずに、来年度に期待したいですね!

箱根駅伝出場校はどこ?

まずは、前回大会の結果↓↓↓


引用元:https://www.hakone.or.jp/midokoro/ekiden.html

そして、2019年1月2、3日に開催される箱根駅伝に出場するのは以下の大学です。

シード権獲得校

シード権獲得校
・青山学院大学(前回大会優勝)
・東洋大学(同2位)
・早稲田大学(同3位)
・日本体育大学(同4位)
・東海大学(同5位)
・法政大学(同6位)
・城西大学(同7位)
・拓殖大学(同8位)
・帝京大学(同9位)
・中央学院大学(同10位)

関東インカレ成績枠

・日本大学

※「関東インカレ成績枠」とは、2014~2018年に開催される関東学生対校陸上(関東インカレ)における「総合得点」が最も多い大学(※1部校に限る)に箱根駅伝出場権を与えるというもの

予選会通過校

・駒澤大学(10時間29分58秒)

12名が出走し、上位10名の合計タイムで争う予選会ですが、

出場12名全員が1時間1分50秒~1時間3分57秒の間でゴールするなど、

非常に高いレベルで走破しました。

現地では、大学駅伝界において「1強」と言われている青山学院大学を追ってほしい、

との声が多々聞かれました。

・順天堂大学(10時間36分58秒)

エース塩尻和也選手(4年)が圧巻のタイムで個人総合2位。

1500mを得意とする野口雄大選手(2年)が個人18位と

長い距離もしっかり走れたのは好材料だと思います。

箱根駅伝では重要区間である5区実績者の山田攻選手(4年)もいるため、

調整次第では上位候補に入るかもしれません。

・神奈川大学(10時間39分16秒)

前年の全日本大学駅伝覇者ですが、箱根駅伝はシード落ち。

加えて当時の主力を担った4年生が多数卒業、

戦力ダウンも囁かれましたが、きっちり上位通過。

山藤篤司選手(4年)、越川堅太選手(3年)が二枚看板としてチームを牽引しました。

・國學院大學(10時間40分38秒)

浦野雄平選手(3年)は終始、日本人トップ集団で走り、個人総合7位でゴール。

前回箱根駅伝1区2位の実力者は他校のエースと渡り合えることを再確認できたレースでした。

・明治大学(10時間41分06秒)

前回はアクシデントも重なり、まさかの予選落ち。

今回も主力のエントリー漏れや、阿部弘輝選手(3年)が

レース中に観客と接触するアクシデントもあったが、

無事に5位通過を果たしました。

鈴木聖人選手(1年)が初めての予選会で個人総合49位の結果を残すなど、

明るい材料もあった予選会でした。

・東京国際大学(10時間41分15秒)

レース経過を見ていると、

前半は抑えて後半ペースアップする作戦だったようです(10km通過時点では総合12位)。

前回の予選会では10位通過でしたが、

今年はチームの5~9番手が1時間4分台でゴールしているため、

確実に戦力は上昇している印象です。

・大東文化大学(10時間42分16秒)

序盤は上位で積極的なレースを展開。後半は全体的にやや失速した印象ですが、

チーム1番手から10番手まで1分34秒の間にまとまってゴールしています。

選手同士の戦力の差がないので、

箱根駅伝でどの区間を走っても穴が空きにくいチームだという印象を受けました。

・中央大学(10時間42分55秒)

前回の3位通過からは順位を下げましたが、

堀尾謙介選手、中山顕選手(共に4年)が上位でゴール。

主力の欠場者もいたため、復帰すれば箱根駅伝ではさらなる上積みも期待されます。

・国士舘大学(10時間45分39秒)

チーム下位選手が苦戦したものの、

ライモイ・ヴィンセント選手(1年)、住吉秀昭選手(4年)が上位でゴールし、

タイムを稼ぎました。

8位通過の中央大学まで2分44秒差がつき、安全圏ではありませんが通過を果たしました。

・山梨学院大学(10時間46分27秒)

今年の予選会で最も苦戦した学校と言えると思います。

4年生が奮起し、チームの上位5名を4年生が占めましたが、

主力の永戸聖選手(4年)、ドミニク・ニャイロ選手(4年)が

抜ける次回は踏ん張りどころかもしれません。

・上武大学(10時間46分51秒)

戦力ダウンが囁かれましたがギリギリの11位通過。

終盤にペースをあげた選手が多く、

短距離選手のように胸を突き出してゴールする選手もいるほど。

山梨学院大学同様、今回出場した選手は4年生が多く、新戦力の底上げが急務と思われます。

 

上記22校と、予選会敗退校のメンバーから結成される

関東学生連合チームを加えた全23チームが、

来年の箱根駅伝へと出場します。

皆さんの口コミは?

口コミ
「麗澤大学は順位ではあと1つ足りなかったけど、ここ数年で確実に力をつけて来ている大学だそうです。

監督は選手の為に毎日、甘いココアを作り選手に飲ませてるとテレビでやってました。

監督と選手の信頼関係も良好らしいです。

選手としたら箱根駅伝で走ることは夢でもあるから、是非とも頑張ってほしいです。」

 

「10数年前はYKK(山梨学、駒沢、神奈川)が3強として君臨していたが

今年は3校とも予選会からの出場。

逆に青学、東洋は当時シード権を取れるかどうかの位置に居たが今や大学駅伝界のトップに立っている。

10数年でこれだけ勢力図が変わるとは誰もが予想していなかっただろう。」

 

「麗澤大学惜しかったね?でも勝負の世界仕方ありません!

麗澤大学の監督さんが学生選抜のチームを率いるとTVでやって居たが、頑張って頂きたいと思う!

青学が筆頭かもしれないが駒沢も強そうだ。

追う大学よりも追われる王者青学の方がもっと大変だと思う!

箱根は見ものです!青春の汗と涙を応援します!」

実は、latteの自宅の近くで青山学院大学の駅伝部の皆さんが

練習しているんですよね。

毎日、朝早くから川沿いを走って頑張っています!

箱根駅伝のルートと応援スポット

箱根駅伝のルートと通過予想時間はこちら


引用元:https://www.hakone.or.jp/midokoro/ekiden.html

往路は大手町を出発し、鶴見、戸塚、平塚、小田原と中継所を通過し、往路のゴールである芦ノ湖へ到着します。

5区の箱根山の登山は通称「山上り」とも呼ばれる難所です。

一気に駆け上がるこの区間は、箱根駅伝の看板区間でもあります。

東京~箱根間は、車で走ってもちょっとした時間がかかります。

この距離をたった5人の選手たちで走り抜けるのです。

レースの決着をつける2日目は箱根から始まります。

復路は往路の逆を辿り、芦ノ湖を出て標高差864mを一気に下っていきます。

5区の「山上り」に対し6区は「山下り」とも呼ばれ、ペースが速い分テクニックが必要なコースです。

応援スポット


引用元:https://www.hakone.or.jp/midokoro/ekiden.html

上記の応援スポットは、やはり大人気の場所なので大混雑しています。

混雑していない応援スポットは、

京急線の花月園前駅周辺とJR鶴見線の国道駅は花の2区がスタートしてすぐの駅です。

地元の人は、この辺りで観戦する人が多いみたいですよ!

平塚中継所は、交通の便が悪いため、応援スポットとして避ける人も多いので混雑を避けれる可能性もあります。

箱根駅伝を観戦した後は、やっぱり箱根温泉を満喫して頂きたいですね!

おススメの箱根温泉と駅伝時の口コミ

1.ホテル おくゆもと

2.強羅温泉 メルヴェール箱根強羅

3.箱根小涌谷温泉 水の音

箱根駅伝好きの父と母にプレゼントしました。

残念ながら箱根駅伝開催中のお部屋は販売されていなかったようで、

1日ずらした日程で行ってもらいました。

箱根駅伝を応援できなかったので、その分落胆しているかと思いきや大満足だったようです。

特に夕食と部屋に備え付けの露天風呂は最高だったようで

「栄養をつけ、ゆっくりリラックス出来たので寿命が延びたような気がします」

と母から手紙をもらいました。

すばらしいサービスをありがとうございました。

私は伺ったことが無いので、機会があればお世話になりたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

箱根駅伝は、様々なドラマが生まれますよね!

そんな応援を1度は、生で見に行ってみてください^^

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です