「獣になれない私たち」あらすじ・ネタバレ

スポンサーリンク



第1話

呉羽の結婚

クラフトビールバー「5tap」に2組の男女が来店していた.。

一方は、ECサイト制作会社勤務の深海晶(新垣結衣)

大手デベロッパー勤務の花井京谷(田中圭)のカップル。

京谷は、自身の母親が晶に会いたがっているため会ってほしいと話しているが、

晶は他のことに気を取られている。

もう一方は、会計士の根元恒星(松田龍平)橘呉羽(菊地凛子)のカップル。

呉羽は唐突に「結婚した」と恒星に告げ、

恒星の驚きをよそに呉羽はシャンパンがわりのビールを開けさせ店内に振る舞う。

4人は図らずも一堂に会し、呉羽を祝うことになる。

周囲は恒星と付き合っていたはずの呉羽が、

突然別の男と結婚したことに衝撃を覚えるが、肝心の呉羽はどこ吹く風。

クールに「お互いにそんなに好きでなかった」と言い放つ。

晶は、いつものように身をすり減らして働いたあと、

いつものように5tapに立ち寄り、恒星が先に飲んでいるのに出くわす。

共に常連なものの、これまで話しかけたことがなかった晶だが、

思い切って、昨日の呉羽の「そんなに好きじゃなかった」の真意を確かめるべく声をかける。

晶の完璧な外面に以前から不信感を抱いていた恒星は、晶の質問を敵とな嘘ではぐらかした。

京谷の母との会食

その後、恒星は会計士として呉羽の結婚に伴う手続きを、

晶はいつも通り、他人の仕事まで任されてしまい、

京谷の母・千春と会うためにとっていた半休返上でプレゼンに取り掛かる羽目に。

プレゼンの疲労でバスに乗り過ごして、少し遅刻したものの無事京谷の母と会えた晶。

京谷の母が晶の両親について確認したところ、晶は重い口を開いた。

晶は暴力壁のある父とは死別し、

マルチ商法にはまってしまった母とは絶縁したという衝撃の過去があったのだ。

自分の出自を正直に明かした晶に京谷の母もすっかり好印象。

気に入ってなかった京谷の元カノと比べて晶を大絶賛していた。

京谷の秘密

晶と別れて帰宅した京谷。

1人暮らしのはずの京谷だが、自宅には謎の女・朱里(黒木華)がいた。

そう、実は京谷は一人暮らしではなかったのだ。

謎の女の正体はどうやら千春が嫌っていた京谷の元カノ!?

京谷は晶と付き合う傍ら元カノとの同居を続けていたのである。

晶の覚醒

いつも通り部下の失敗のしりぬぐいに終われる晶。

社内外に気を遣いっぱなしの晶の疲れは無意識のうちに電車に飛び込みかけるほど。

疲労困憊、ぎりぎりの精神状態で5tapに立ち寄った晶は、

あまりの余裕のなさで、先に飲んでいた恒星に本音をぶつけてしまう。

晶は4年前に同棲を約束しておきながら、

それ以上に行動しない京谷にも疲れており、

今は”結婚でなく恋がしたい”とさえ感じていたのだ。

恒星はそんな晶を一夜を共にする相手として誘うが、晶はにべもなく断る。

自分はそんなにバカな女じゃない、と。

そんな晶を見て”バカになれたらとかったのにね”と声をかけた恒星。

恒星の言葉を聞いて帰路についた晶の表情は少し晴れ晴れしていた。

翌日、晶はすっかり雰囲気の変わった、

まるで呉羽のようなファッションで出社し、現状の改革を訴えた。

恒星の言葉で晶の中の何かが変わり始めたようだ。



第2話

有給の始まり

すべての仕事を一人でこなしていることに業を煮やした晶(新垣結衣)は、

新たなファッションで武装して社長の九十九(山内圭哉)に

業務分担の改善要求書を突き付け、数日間の有給を取得する。

一方、恒星は初対面の会社社長・勝俣(八嶋智人)から、

粉飾した税務申告書類に担当税理士として判を押してくれと頼まれる。

その晩、5tapで出くわした晶と恒星。

なりゆきで呉羽(菊地凛子)は恋に落ちた瞬間、鐘の音が聴こえるらしいと話す恒星。

一目惚れをしたことがない晶と恒星にはさっぱりわからない感覚だった。

晶が恒星と飲んでいる間も、京谷(田中圭)は朱里(黒木華)と自宅にいた。

どうやら朱里が以前の仕事を退職した経緯に2人の因縁がある気配で…。

上野が晶に恋!?

翌朝、有給休暇中の晶は松任谷(伊藤沙莉)の電話で起こされる。

上野(犬飼貴丈)が大事な契約書を持ったまま会社を無断欠勤しているというのだ。

晶は松任谷に押し付けられる形で急遽、上野のアパートを訪ねることに。

晶が自信をなくした上野を励ましていると、

突然上野から“好きになってもいいか?”と尋ねられ、困惑する。

翌日、晶のおかげですっかり気を取り直した上野は無事出社し、一安心。

上野の中で晶はすっかり女神扱いとなった。

2人の馴れ初めと悲しい嘘

無事上野の問題が解決した晶は有給を満喫し、京谷と京谷の同僚のBBQに参加する。

実は晶はかつて京谷の勤めている会社に派遣社員として働いており、

忘年会で出会った2人はお互い恋人がいながらもひかれあい、

晶の転職を機に付き合い始めた。

今や2人は公認のカップルで、

周囲は京谷の同居人を元カノの朱里ではなく晶と勘違いしてしまう。

晶もその場では京谷をかばい、同棲中と嘘をつくが、やるせない気持ちに。

京谷も晶に嘘をつかせた罪悪感から、

帰宅後に改めて朱里に家を出るように迫るものの朱里は頑なに家から出ようとしないのだった。

鐘の音の正体

恒星はBBQ帰りの晶に遭遇し、以前話した呉羽のいう“鐘の音”について、

呉羽に改めて確認した際に“白楽の教会の鐘の音”と言われた話をする。

“白楽の教会の鐘の音”への好奇心が抑えられない晶は、

恒星を誘い白楽まで出かけるが、教会の都合で鐘の音は聞こえず。

代わりに帰宅を促す放送音を耳にすることに。

5tapで呉羽に報告すると、鐘の音は“心で聞くもの”と言われてしまう。

そんな自由さなどみじんもなかった晶はますます呉羽をうらやむように…。

社長の改心?

有給明けの晶は社長と対峙する。

反省した様子の社長に期待したものの、

社長の解決策は業務内容の改善ではなく、晶の昇進だった。

晶の業務に見合う肩書さえ与えれば、

今の業務内容を変更する必要はないだろうという魂胆の模様。

一方、何度も何度も土下座までして判を押すように迫る勝俣に根負けした恒星は、

勝俣に不正をしないで済む解決策を紹介する。

これで恒星の界隈は丸く収まるかと思われたが、

事務所にはいかにも怪しげな札束が送られてきて…。



見逃してしまった方へ

下記から見る事が出来ます。

Huluオススメ

今は、2週間無料で見る事が出来ますので見てみてくださいね~♪

 

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です