9.11感動の物語。赤いバンダナのウェルズ・クラウザーさんについて

スポンサーリンク



こんにちは! latteです。

昨日、世界まる見えを見ていて

とても感動した物語がありました。

 

アメリカで起きた

9.11は、

まだ多くの人の記憶に残っていることでしょう。

 

9.11が起こったあと、

多くの人が

「赤いバンダナ」の人に助けられた。

という人が続出したのです。

スポンサーリンク

 「赤いバンダナ」のウェルズ・クラウダ―さんとは?

2001年9月11日

あの忌まわしい事件が起きました。

航空機が使用された史上最大規模

アメリカ同時多発テロ

『9.11』です。

 

1度目は、ハイジャックされた航空機が

ワールドトレードセンタービル北棟に

突入しました。

 

2度目は、南棟にさらにもう一機の

航空機が突入しました。

 

航空機が突入により大火災が起きました。

ワールドトレードセンターには黒煙と

火の手が広がり、建物は崩壊。

 

3,000人以上という

多くの人の命が奪われました。

 

本当に本当に悲しい事件ですし、

二度と起きて欲しくない事故です。

 

 

そして、そんな事故の中でも

もっと多くの犠牲者が出た可能性の中、

救われた命もありました。

 

救われた人はみんな、

出口が分からず迷っていると

赤いバンダナの人が来て

「出口はこっちだ」

「そっちに行ってはいけない!出口はこっちだ!」

と教えてくれたのです。

 

こう答えたのは、1人ではありません。

数十名の方が、同じように

「赤いバンダナ」

という言葉を口にしました。

 

 

彼の名は

ウェルズ・クラウザー

です。

 

24歳の若さで、18名の命を救ったのです。


引用元:wikipedia

名前:ウェルズ・クラウザー(Welles Crowther)

生年月日:1977年5月17日

出身:アメリカ ニューヨーク

学歴:ボストン大学

 

 

彼は父・ジェファーソンと母・アリソンの

長男として産まれ妹が2人おります。

 

なぜ、赤い「赤いバンダナ」の人が

ウェルズだと分かったのかというと・・・・

 

ウェルズが6歳の時に、トレードマークになる

赤いバンダナを彼の父親がプレゼントしました。

 

それから、彼はいつも

赤いバンダナをズボンのポケットに

身に付けていたのです。

 

16歳の時にはボランティアで

消防士の経験もしています。

 

 

そして、

9.11

当時、ウェルズは

ワールドトレードセンターにいました。

 

オフィスから母親に電話をかけ、

「僕だよ。大丈夫だよ」

と留守番電話のメッセージを残しています。

 

ウェルズは、発生当時

104階にいました。

 

 

そして、78階のスカイロビーで

生存者たちと遭遇します。

 

しかし、78階から下に降りるための

階段など3つの場所が全滅だったのです。

多くの人が煙の中、彷徨いました。

 

そん中、

「出口はこっちだ!」

と赤いバンダナを口に巻いた

ウェルズが多くの人を誘導しました。

 

61階からは降りられたので、

生存者たちを61階まで誘導しました。

 

普通なら、自分も一緒に生存者たちと

逃げるでしょう。

 

しかし、ウェルズは3度も

78階から61階を往復して

多くの人々を誘導していたのです。

 

この彼の行動により

18名という人々の命が救われたのです。

 

もしかすると、実際はもっと多くの命を

助けていたかもしれません。

 

しかし、彼はその後1階のロビーで

遺体となって発見されました。

 

安全な場所まであとわずかな所でした・・・・

 

 

ウェルズの行動は大きな称賛を呼び、

2006年にはニューヨーク名誉消防士の称号を与えられ

9.11のメモリアル記念館には彼の赤いバンダナが

展示されています。

 

当時、大統領だった

オバマさんも彼のことを称えています。

 

 

その後、両親がウェルズの荷物の整理していると

消防署への転職希望

『願書』が見つかったようです。

 

父親と同じ消防士として

働こうと思っていたのですね。

 

ウェルズはよく

お金よりも大切なものがある

と言ったいたそうです。

 

本当に本当にたくさんの人が

彼のような心を知って欲しいですね。

 

その後、アメリカでは多くの人が

『ウェルズ』という名を付け、

子供に赤いバンダナを巻き

ウェルズのような

勇敢で正義感あふれる人に

育って欲しいとの思いが込められているのでしょうね。

 

 

世界まる見えを見た人は、

多くの人が、

ウェルズさんの行動に

心を打たれたと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

9.11のような事故は

もう2度と起こってほしくはありません。

 

ウェルズさんのように

『お金よりも大切なもの』

を多くの人に見付けて欲しいと感じました。

 

今は、たくさんのモノに溢れかえっていて、

何が大切なモノなのか

見失ってしまっている人も多いかもしれません。

 

でも、多くの人が

『大切なモノ』を思うことにより

より良い日本になることを

願っています!

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ウェルズさんのご冥福をお祈りいたします。

関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です